ニュース

国内女子明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

10年前は母校の体育館が避難所に 武尾咲希「もどかしい気持ちだった」

2021/03/12 18:45


◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ初日(12日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

10年前、高校1年生だった武尾咲希。福島県会津若松市は大きな被害は少なかったものの、母校(会津学鳳中学・高校)の体育館は沿岸部から来る被災者たちの避難所になっていた。

<< 下に続く >>

「みなさんが大変な思いをされているのを見ていたけど、何もできなくてもどかしい気持ちだったのを覚えています。今はプロゴルファーになって、私のプレーを通して元気になってもらうこともできると思う」

東日本大震災から10年の節目となる今週、武尾は6バーディ、1ボギーの5アンダー「67」。レギュラーツアーで自身初となる首位発進を決めた。

「ショットが良くて、2m以内のチャンスが多かった」という初日のプレー。前週、風の強い沖縄でプレーして、クラブの入射角がきつくなっていたことを修正して、ショットが安定したという。

「1Wはアッパーで3から5度、アイアンはダウンブローで-3度になるように。もともとシャロー気味でどのクラブも0~1度くらいとあまり変化のないスイングをしていたので、メリハリをつけるようにしました」という調整が奏効した。

「目標は初優勝を挙げることです」という26歳。強い思いで残り2日に挑んでいく。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!