ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

あなたは本当に「ダウンブロー」で打てている?

2013/03/26 21:56


「週刊ゴルフダイジェスト」特集「間違いだらけのダウンブロー」(4月9日号)より

ゴルフ界ではよく「アイアンはダウンブロー」と言われる。しかし、実はプロとアマでは、そのイメージは大きく違うようだ。しかし、その違っている意識がアマチュアの上達を阻んでいるとしたら?

アマチュアの場合、ダウンブロー=上から打ち込んでしっかりターフを取るもの、と思っている人が多いが、今回、特集の取材でプロに話を聞くと、そういう意識がない、というプロが多かった。

「上から打ち込もうなんて考えてないですね。自分の意識としては、かなりゆるやかな軌道で打っています」(河野晃一郎プロ)

プロのダウンブローはゆるやかな入射角度でボールをとらえ、軌道の最下点がボールの先に来るという。実際、河野プロに5番アイアンを打ってもらうと、ボールの先3センチからターフが取れた。これは、上から打ち込んでしっかりボールを捕えようとするスウィングでは、なかなか実現できないものだ。

「ターフというのは、ボールの先から取れ始めるものです。ヘッドは地面に着地する前にボールをとらえ、その後で地面に潜っていきますからね。だからといって、クラブを上から鋭角に下ろしているわけではありません。どちらかというと、ゆるやかな軌道を意識しています。それでも、軌道の最下点が先にくれば、ボールの先からターフが取れ始めるのです。

ゆるやかな軌道で打てると、ムダなスピンもかからず、距離感も合いやすい。さらに、多少手前を噛んだとしても、ダフらずに済むというメリットもあるんですよ」(河野)

河野プロが言うスウィング、いわば“ゆるやかダウンブロー”とでも表現できようか。ぼくらアマチュアもこのショットを目指していこう。

河野晃一郎(かわの・こういちろう)
初シードの2011年にマイナビABCチャンピオンシップで初優勝。卓越したショートゲームが持ち味

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。