最近のニュース 新着一覧≫


2011/04/18ギアニュース

韓国で人気のスイング練習器具が日本上陸

「ゴルフと健康」をテーマに、ゴルフ界の活性化に取り組むグラン・モンドは、勝新産業(韓国)の日本国内における販売代理店として、同社製品であるスイング練習器具『Bescon(ベスコン)ゴルフ…
2009/11/20ギアニュース

ヘッド重量が変更可能!「マグレガー マックテックNV-F ドライバー」

マグレガーゴルフジャパン株式会社は、2010年モデルとして ・「マグレガー マックテックNV-F ドライバー TYPE1(NV-BLUE)」(アベレージ向け) ・「マグレガー マックテックNV-F ドライバー TYPE2(NV-RED)」(アスリート向け) ターゲットの異なる2タイプのドライバーを発表した。 「NV-Fドライバー」の最大の特徴は、ヘッドソール部分についているウエイトを変更できることだ。標準は「13g」、取り替え用として「10g」と「16g」が用意されており、自分のパワーにあわせることができる。ヘッド重量を重くしてハンマーパワーで飛ばすというのが狙いだ。 この「NV-F」シリーズ...
2017/04/14ツアーギアトレンド

MPシリーズ最新1Wで飛距離アップ 手嶋多一が6位浮上

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 2日目(14日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 22年連続シードを狙う48歳は、今年も健在だ。9位タイから出た手嶋多一が5バーディ、1ボギーの「67」とし、首位と3打差の通算6アンダーの6位タイに浮上。自身の今季初戦で早くも首位争いに加わり、「想像以上にうまくいっていますね」と笑顔を見せた。 今季は、昨年11月に初めて手にした最新1Wも心強い味方になっている。今年3月に発売された、契約するミズノの『MP TYPE-1 ドライバー』で、開発に2年半が費やされたMPシリーズの最新モデルだ。「良いモノにできあがらなければ出さな...
2012/09/13ギアニュース

『913』で『910』を超える!

アクシネットジャパンインクは9月11日、都内ホテルで2013年モデルのタイトリスト、フットジョイ新商品発表会を開催した。メインは『913ドライバー』で11月中旬の発売予定だ。現行『910』は同社史上最多出荷モデル。関係者によるとシリーズ全体で20万本を突破し、国内シェアも過去最高の数字を記録しているという。 『913』は、改めて飛びの3原則(ボール初速、打出し角、スピン量)に着目。一つは重心位置で、フェースセンターの垂直線上付近に配置。ボールの重心とヘッドの重心を衝突させ、インパクト時のエネルギー伝達効率を高めるというもの。さらにフェースの肉厚をフローさせた鍛造フェースを採用したことで、スイー...
2013/09/09ギアニュース

やさしく振りきれて飛ぶ!キャロウェイ、『filly』登場

キャロウェイゴルフは9月6日、女性アベレージゴルファーをターゲットとした『filly(フィリー)』シリーズのドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン・チッパーを発売した。 『filly』シリーズは、「もっと飛ばしたい」「気持ちいいショットが打ちたい」など、女性ゴルファーからの要望をもとに開発されたモデル。キャロウェイ史上、最軽量・最軽スイングウエイトで振りやすく設計されているため、女性ゴルファーが飛距離を楽に伸ばすことができるという。 まずは、ドライバーから紹介しよう。同ドライバーは、キャロウェイ独自の「スピードフレームフェーステクノロジー」に極薄の「チタンモノコックボデイー」...
2013/09/04ギアニュース

ツアー優勝者を陰で支えたシャフトとは?

国内女子ツアー「CAT Ladies」に続き「ニトリレディス」を制して、自身初の連勝と同大会の2連覇を果たしたアン・ソンジュ。“完全復活”を遂げたアンのドライバーには三菱レイヨンの新製品ディアマナ…
2010/11/12ギアニュース

スパイン変えずに3秒で調角。本間の意欲作

、シャフト向きが変わってしまい、振動数にブレが生じていた。今回の新製品は調整後も常にスパイン方向が一定なので、シャフト性能が損なわれない、というわけだ。 ヘッドは2タイプを用意。ボールを強く押し出すためにやや
2015/06/29ギアニュース

円柱型ヘッドパターが日本上陸!

です。この発見を、多くの方に共有したいと思い、円柱型のヘッドを持つ『トゥルーロールパター』は開発されました」 それでは、以下より、同製品の特長を4点紹介しよう。 【『トゥルーロールパター』の特長】 1…
2015/02/05ギアニュース

かわいい!“キャラボール”がナンバー1の高評価を獲得

ユーザーのレビュー評価や投稿数などで更新する「GDOゴルフショップ・ランキング」が2日、1月末までの最新ランキングをまとめ、公開した。時節柄、マークダウンになった冬物ウェアなどが上位に目立つ一方、飛…
2011/05/23ギアニュース

『クール・クラブス』日本上陸!

、外資系メーカーを中心に約10社のクラブを取り揃え、シャフトメーカー8社(140種類)、グリップメーカー7社(22種類)の製品を用意しているという。 米国ではフィル・ミケルソンやクリスティー・カーなど…
2014/11/05ギアニュース

ビートたけしも参加!リョーマのオーナーズカップが大盛況

によるラウンドレビューでビートたけしは、 「前日は都内でライブを行い、打ち上げから帰って一杯飲んでいたら迎えが来た。前半はまともに立っていられずに、吐きそうになったよ」 と、一睡もせずにコンペに参加した…
2017/05/25新製品レポート

「ゆったり振る人向け」スリクソン Z565 TG ドライバー

振り抜きやすく、球をつかまえやすい 【ミーやん】スリクソンから追加モデルとして発売されたのが、こちらの『スリクソン Z565 TG ドライバー』です。既存モデルよりも高弾道を打ちやすく、球をつかまえやすくチューニングしてあるそうです。40グラム台後半のオリジナルシャフトが装着されています。 【ツルさん】既存モデルとはカラーリングが異なっていて、ソールはブラックのIP仕上げ。名称に付けられている「TG」は、クラウンのカラーに使われている「チタングレー」の略だそうです。アスリートブランドらしい精悍な雰囲気のクラブですが、手にするとクラブ自体の軽さを感じます。 【ミーやん】1発目から、いい球を打てち...
2017/05/22新製品レポート

「やさしいプロ仕様」キャロウェイ スティールヘッド XR プロ アイアン

独自カップフェースの威力は健在 【ミーやん】今回試打する「スティールヘッド XR プロ アイアン」は、昨年9月に発売された『スティールヘッド XR アイアン』の派生モデルです。従来モデルよりもヘッドを小ぶりにしてシャープ感を出しつつ、オフセット(グースネック)も小さく設計されています。ヘッドがブラックに塗装されていることも、シャープさの演出に一役買っていますね。 【ツルさん】キャロウェイのXシリーズアイアンには、昔からスタンダードモデルとプロモデルの2種類が用意されていましたが、今回もその流れに沿った展開になりました。往年のXシリーズアイアンの技術を継承しつつ、「次世代360カップフェース」と...
2017/05/29新製品レポート

「有名コーチが監修した簡単ウェッジ」キャロウェイ シュアアウト ウェッジ

意外と構えやすくて、中級者でもイケる! 【ミーやん】モデル名の「シュアアウト」(SURE OUT)は、「確実な脱出」という意味だそうです。バンカーが苦手なゴルファーのために、かつてタイガー・ウッズのコーチも務めたハンク・ヘイニーが監修したウェッジです。標準的なウェッジよりも、ヘッドが二回りぐらい大きいですね。 【ツルさん】フェースのトウ側いっぱいまで、スコアラインが刻み込まれているのも特徴です。このおかげでボールにセットアップしたときに打点エリアが広く見えて、とても安心感があります。初心者はトウ側上部でボールをヒットしてしまうミスが多いので、実際に効果もありそうですね。 【ミーやん】グースネッ...
2017/07/27新製品レポート

「簡単に高弾道が打てる」ムジーク オンザスクリュー I.C.E ユーティリティ

ウッドのように球が上がるアイアン型UT 【ミーやん】ムジークの『オンザスクリュー I.C.E ユーティリティ』は、中空構造のチタン製アイアン型ユーティリティです。昨年末に発売されたモデルですが、要望がありロフト角のバリエーションが追加されたそうです。今回試打するのは、5番アイアン相当のロフト角27度のモデルです。アマチュアにはニーズが多そうなロフト角です。 【ツルさん】僕は、他の場所で試打したことがあります。他に類を見ないアイアン型のユーティリティですよ。まずはミーやんが試打して、感想を聞かせてください。ビックリするはずです(笑)。 【ミーやん】アイアン型ユーティリティにしては、構えたときのヘ...
2017/07/20新製品レポート

「3年ぶり新作はエアーズロック型フェース」アキラ ADR ドライバー

見た目ほどやさしくないが、初速を出しやすい 【ミーやん】アキラのADRシリーズから3年ぶりの新作となるドライバーが登場しました。一般的なプレス製法で作られる山型フェースではなく、専用成形ドリルを使った「エアーズロック型フェース」を採用しているのが特徴です。 【ツルさん】ルール適合モデルですが、肉厚部と薄肉部の差をはっきりと作り出すことで、より大きなトランポリン効果が得られるとのことです。クラウンがマットブラックに塗装された460ccのヘッドは、シャローフェースで扁平感があり、大きく見えます。 【ミーやん】構えてヘッドを見下ろすと、バルジ(フェースの横方向の丸み)が大きいのが分かります。ほんの少...
2017/10/10新製品レポート

「年間王者J.トーマス仕様のパター」スコッティキャメロン フューチュラ 5.5M

ブレード型のような振り心地のマレット型 【ミーやん】2017年度PGAツアーのフェデックスカップ年間王者となり、賞金1000万ドルを獲得したジャスティン・トーマス。その活躍を受けて、彼が使っているプロトタイプのパターを市販化したモデルが発売されることになりました。それがこの『フューチュラ5.5M パター』です。 【ツルさん】実際にトーマスが使っているのは、2014年に発売された『フューチュラX5 パター』を溶接ネックにしたプロトタイプ。ヘッド形状が近いのは、現行モデルでは『フューチュラ5W パター』です。ただ、トーマス特注の仕様を受け継いでいるのは、こちらの『フューチュラ5.5M パター』と言...
2017/07/03新製品レポート

「転がりが安定する独自の溝を搭載」イーブンロール ER7 パター

スムーズにストロークできて打感もいい 【ミーやん】今回お試しするのは、イーブンロールという新しいメーカーのパターです。これまでに『2バー・パター』などのヒット作を生み出してきたゲーリン・ライフ氏が手掛けているんだとか。ツルさんは、すでにこのパターを購入したと聞きましたが、本当ですか? 【ツルさん】海外では昨年から話題になっていて、僕は『ER2』というモデルを購入しました。ヘッド素材に303ステンレスを使ったミルドパターで、シンプルながらも高級感があります。いちばんの特徴は、フェースに採用されている独自のグルーブ(溝)です。芯を外して打ったときに、距離や方向性のバラツキを抑える効果があるそうです...