2021/12/01女子プロレスキュー!

朝のパッティング練習 プロはちょっと違う! 後藤未有

、実戦向きのフィーリングを整えることが目的です。 3. ぐるっと一周ショートパット 次に1~3mのショートパットを行います。フック・スライス・上り・下りと、カップを一周するように全方向から練習する
2021/11/30優勝セッティング

平均パット数は全体1位の「25.50」三ヶ島かなの優勝ギア

」と感謝を示す。 さらに、4日間通して平均パット数は全体1位の25.50と大きく勝利に貢献したが、「(ラインが)フックだろうが、スライスだろうが、真っすぐだろうが、とにかく引っかける。引っかけるのが
2021/11/30サイエンスフィット レッスン

テークバックで体を回すためのポイントは1つだけ

。 今回の受講者は… 「ドライバーのスライスに悩んでいますが、時折左に引っかけるミスも出始めています。右を嫌がれば左も出て、ティショットの立ち位置にも悩むし、とにかくドライバーの方向性を安定させたい…
2021/11/29ゴルファーアンケート

グローブは脱ぐ?旗竿は抜く?<グリーン上編>

44%で多数派だった。「スライス」も42%とほぼ互角。ゴルフ歴1年未満のゴルファーは34%が「分からない」と回答した。 10)最も多いミスパットの傾向は? 初心者は縦距離のミス多し 「緩んでショート
2021/11/22新製品レポート

誰もが気持ちよく簡単に飛ばせる ゼクシオ 12 アイアン

ています。 【ホッシー】 スライス傾向のゴルファーなら、こちらの「ゼクシオ 12」がオススメですね。 【ツルさん】 トピックになるような前作からの変更点はないけれど、振りやすさや打ちやすさの部分が
2021/11/17女子プロレスキュー!

プロが真ん中にティアップしない理由 後藤未有

ます。 2. とりあえず真ん中… は危険の元! NGゾーンが右サイドにある場合、左側や真ん中にティアップをすると、狙いよりも少しスライスしてしまうだけで、バンカーなどに入る確率は高まります。右側から
2021/11/14VISA太平洋マスターズ

「最終的には金谷が来る」5年ぶりV導いた谷原秀人の勝負勘

たのは2週前のホスト大会直前。「20代くらいのときのスイングのイメージ。感覚的には昔みたいにスライスを打つイメージで、なぜか真っすぐ飛ぶ。自分自身も振りやすい」。同週から5位、7位と上位争いを演じ、8
2021/11/06GDOEYE

地を泳ぐパター 「イップスの傾向」堀川未来夢の苦悩

アンダーの首位に浮上した。 「フィーリングがかなり良い。打感を感じられている。15番は2mのチャンス。ラインがわからず、フックだろうと読み、カップ内の右側を狙って、最後にスライスして外れた。そこに納得
2021/10/14日本オープン

アマ中島啓太が感じる「心の余裕」 ボギー先行から盛り返す

スライスを打つのは体を思いきり回転させないといけなくて、そこはあまり無理をしたくなくて選択を変えました」と3Wを握ったが、右の林に打ち込んでボギーとした。「昨日『ドライバーで打つ』って言っちゃったしな
2021/10/05優勝セッティング

勝みなみ 「自分に合う」ウェッジとパターでメジャー初制覇

スコッティキャメロン GSSに戻すことも考えた。 問題はこすり球が出て主にスライス回転してしまうこと。「こすると自分の思ったところより右に出るからカップより右に外れていく。それがすごい嫌で…。何でだろう、何でだろ
2021/09/28サイエンスフィット レッスン

トップで折れる左手首のクセを一発で解決

初級者はもちろん、中級者でもトップで左手首が甲側に折れるクセを時折見かけます。このクセがあると、フェースが大きく開いたり、シャフトクロスしたりと、レベルアップを阻む要因となります。トップで左手首が折れないように意識するのは、なかなか困難です。なぜなら折れてしまう原因は、実はアドレス時のグリップに潜んでいるからです。 今回の受講者は… 「ゴルフ歴が長くてもなかなか上達せず、永遠の初心者だと思っていましたが、最近は100切りが間近に迫ってきて、ゴルフ熱が猛烈に高まっています。悩みはドライバーがしっかりと当たらず、飛距離が出ないこと。ダフるミスも多いので、フェアウェイウッドは、ずっと封印しています...