2013/08/19PGAコラム

デイリーラップアップ:ウィンダム選手権最終日

のタイトルを獲得した。ジョーダンスピースとのプレーオフ2ホール目で、あっと驚くバーディを決めたのだ。 10番ホールのティショットで、リードはあわやOBという一打を放った。テレビケーブル近くの松の葉に
2014/04/15PGAコラム

ご褒美を受けとったワトソンの2勝目

最後のパットをきっちりと決め、勝利を手にしたバッバ・ワトソン。日曜日(最終日)のプレーイングパートナーであったジョーダンスピースと握手、そしてハグを交わした時には涙が溢れていた。そしてスピース
2013/11/09PGAコラム

成功を収めたタイトリストのAPアイアン

たちが大きな目標を達成する手助けをしてきた。ジェイソン・ダフナーは「全米プロゴルフ選手権」にてAP2と共に自身初のメジャー大会勝利を成し遂げ、ジョーダンスピースは「ジョンディア・クラシック」で
2014/09/28ヨーロピアンツアー公式

欧州が主導権を握る

目ではマーティン・カイマーと組んだジャスティン・ローズが最終ホールで2メートルのパットを決め、ジョーダンスピースとパトリック・リードのペアとの勝負を引き分けに持ち込んだ。 欧州は2日間連続で午後の
2014/03/27PGAコラム

マスターズをにらみ、地元2連戦に挑むスピース

の後継者と期待されているジョーダンスピースが、今週のツアー会場となる「バレロ・テキサスオープン」に到着した。彼は地元開催となるこの大会で、地元での初優勝を挙げることを渇望している。「マスターズ」開幕
2013/09/23PGAコラム

ツアー選手権を制し、年間王者となったステンソン

、最終日を「68」でラウンド。この4日間全てをパー以下で回ったのは、ステンソンを含め2選手だけ。2位タイのジョーダンスピースとスティーブ・ストリッカーに3打差をつける通算13アンダーでの優勝だった
2015/04/14ヨーロピアンツアー公式

日曜日のオーガスタで分かった6つの事柄

オーガスナショナルGCを支配したジョーダンスピースがメジャー初優勝を遂げた2015年の「マスターズ」。europeantour.comではこの大会から浮かび上がった6つの事実をピックアップしてみた
2013/07/15PGAコラム

J.スピース史上4番目の年少優勝記録を樹立

「ジョンディアクラシック」最終日は、19歳のジョーダンスピースがプレーオフ5ホール目でデビッド・ハーンとザック・ジョンソンを振り切り、この82年間では米国ツアー最年少での優勝を達成した。 2週間後
2013/05/25PGAコラム

“重力”で1ペナルティを喰らったJ.スピース

「クラウンプラザインビテーショナル」2日目、6番ホールで予期せぬアクシデントに巻き込まれた19歳のジョーダンスピースは、1ペナルティを喰らってしまった。しかし直後のホールでバーディを奪い返した彼は
2017/03/15佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑231>トーマス・ピータース(後編)

(ツアー10勝のマーク・マッカンバーの息子)。優勝候補のテキサス大学のジョーダンスピースとUCLAパトリック・カントレーを撃破しての勝利に歓喜した。団体戦はエースのジャスティン・トーマス率いるアラバマ大学
2013/07/30PGAコラム

再び波にのったスネデカー

。カナダでの成績も優れず31位タイ。フェデックスカップランキングも138位に後退してしまった。 6. 週末に20歳の誕生日を迎えたジョーダンスピース スピースは必ずやプレーオフに出場するだろう
2015/08/16ヨーロピアンツアー公式

ウィスリングストレイツでデイが勇躍

「65」としたジョーダンスピースは、デイを凌ぐパフォーマンスを見せた。 「マスターズ」と「全米オープン」を制しているスピースは、史上3人目の同年メジャー3勝という偉業を懸け、日曜日はデイと最終組で
2021/04/12マスターズ

松山英樹「マスターズ」制覇 最終日ドキュメント

を警戒し、2打目はグリーンに乗せただけ。2パットでこの日2つ目のボギーとした。5打差の7アンダー2位にはザラトリス、シャウフェレ、ジョーダンスピース。 ■13番パー5・バーディ 13アンダー単独
2020/09/09セーフウェイオープン

最終戦翌週に開幕 “6メジャー全50試合”の新シーズンへ

た。 シェーン・ローリー(アイルランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ジョーダンスピースらメジャー覇者が参戦。フィル・ミケルソンは新シーズン初戦から連戦を組み、「全米オープン」でキャリアグランドスラムに挑戦する。 前年…
2015/07/15佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑165>マーベリック・マクネリ

スコットランドに集合するため、今大会はフィールドが弱い。とはいえ顔ぶれは興味深く、復活を賭け挑むベテラン勢、初優勝を虎視眈々と狙う選手たちの熱戦は必至だ。ツアーはここ数年、波乱が続き、ジョーダン