ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

背後には“グリーンジャケッツ” スピース&ミケルソンが4差にピタリ

◇メジャー第1戦◇マスターズ 2日目(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

初日に7アンダーをマークしたチャーリー・ホフマンの「75」の急ブレーキにより、リーダーボードは一気に混戦になった。通算4アンダーで首位に並ぶリッキー・ファウラーセルヒオ・ガルシア(スペイン)、トーマス・ピータース(ベルギー)、ホフマンはいずれもメジャー未勝利。2打差のウィリアム・マクガートは大会初出場。彼らを追うリーダーボードのすぐ下には、既にグリーンジャケットを持つ歴代覇者たちがつけている。

<< 下に続く >>

1992年大会優勝の57歳、フレッド・カプルスら4人が通算1アンダー6位。通算イーブンパー10位のジョーダン・スピースフィル・ミケルソンアダム・スコット(オーストラリア)は、いずれも2010年以降のチャンピオンだ。

キャリアで出場した「マスターズ」直近3大会で、2位、優勝、2位の成績を残しているスピースは、初日に15番(パー5)で第3打を池に入れるなど「9」を叩いて出遅れたが、この2日目に「69」で回った。「きのう(首位と)10打差になったのはガッカリしたけれど、最後の方でパッティングストロークに自信がつかめた」と初日も消沈したわけではなかった。「きょうはバックナインで全ホールパーオンできた」。パット、ショットへの好感触が日増しに大きくなっている。

ミケルソンは「71」「73」とスコアは安定しているが、連日の強風にお疲れモード。「パッティングにも影響があるほどの風。本当に疲れたから、きょうは早く帰って休む」と息をついた。「でもパットの調子自体はとてもいい。週末にチャンスがある」。47歳で飾る大会通算4勝目は、ジャック・ニクラスの最年長優勝記録(46歳)更新となる。

スピースの言葉には、やはり優勝した経験からくる自信が漂う。「この状況は2014年と2016年に似ているね。コースはどんどん乾いて、グリーンもスピードが出てくるはず。しびれるパットが増えてくる。ショットのバウンドも大きくなることを考えたい。だんだんと全然違うコースになっていくはずだ」

4打差を追うムービングデー。スピースとミケルソンは3日目、2サムの同じ組でプレーする。チャンピオン同士の相乗効果によるビッグスコアは、上位にいる選手にとっては何より怖い。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!