ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 場所:セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

メジャー3連勝へ1差 スピースがバウンスバック

歴史的な瞬間が確かに訪れようとしている。2015年「全英オープン」は19日(日)、連日の中断により1日遅れの第3ラウンドが行われ、5アンダーの14位タイから出たジョーダン・スピースは7バーディ、1ボギーの「66」を叩き出し、通算11アンダー。首位に1打差の4位に再浮上し、逆転でのメジャー3連勝へ大きく前進した。

セントアンドリュース・オールドコースの最北端、海風が一層強くなるインコースの序盤で、スピースにスイッチが入った。9番で2mのパーパットを外し、怒りでキャディバッグを強く叩いた直後、手前から5mを沈めた10番から一気に3連続バーディを奪取。一時はトップに立って猛然と優勝戦線に復帰した。

大雨、強風の影響で2日かかった「72」の第2ラウンド。停滞の原因はとりわけパッティングにあった。18ホールで37パット。

この日は普段以上にスタート前の練習を増やし、アライメントの問題点を発見したという。

28年ぶりに最終ラウンドが持ち越された月曜日は、再び荒天の予報。「あしたは誰が一気に出てくるか分からない。このコースはいくらでもバーディが出る。ひしめき合ったリーダーボードだ」

4月の「マスターズ」と6月の「全米オープン」の優勝が自らに与えたのは、重圧ではなく自信だと続けてきたスピース。きょうも同じだった。1953年のベン・ホーガン以来の快挙、グランドスラムへの道筋は開けた。(スコットランド・セントアンドリュース/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!