ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ドイツバンク選手権
期間:09/04~09/07  場所: TPCボストン(マサチューセッツ州)

スピースは自身初の2戦連続予選落ち「悪い夢を見ているようだ」

PGAツアーで自身初の2試合連続予選落ち PGAツアーで自身初の2試合連続予選落ち。ジョーダン・スピース(左)が突如苦しみ始めた

今年、メジャー2勝を挙げたジョーダン・スピースが苦しんでいる。米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「ドイツバンク選手権」の2日目は、1バーディ、3ボギーの「73」(パー71)。通算6オーバーで、2週続けて予選落ちとなった。

スピースが2試合続けて決勝ラウンド進出を逃したのは、アマチュア時代も含めてツアーで初めてのこと。3ラウンド以上続けてオーバーパー(ザ・バークレイズ:74-73、ドイツバンク選手権:75-73)としたのも、2013年の「全英オープン」2日目から「全米プロゴルフ選手権」2日目までの計5ラウンド以来、実に2年ぶりのことだ。

「今年は、良い意味での初体験をたくさんしたけど、これは悪い意味での初体験だ。普段は、自分の長所はメンタルで、それが他の人に比べてアドバンテージになっていると思っているけど、この2週間はそれが弱点になっていた。もう一度、いかにポジティブでいるかということを考えなくてはいけない」。

フェデックスカップのプレーオフシリーズを同ランク1位で迎えたスピースだったが、前週ジェイソン・デイ(オーストラリア)に抜かれて2位に後退。世界ランクも同様にトップの座をロリー・マキロイ(北アイルランド)に奪い返された。

突如の不振に陥ったスピースだが、明るいニュースが2つある。この日の最終18番で奪ったバーディで、スピースが最低1個以上バーディを奪ったラウンド数が208に伸びたこと。そして、もし今週、デイが優勝をせず、マキロイがトップ10に入らなければ、再びスピースが世界ランク1位に返り咲くことだ。

「これまでと何も違わないし、たとえスコアが悪くても、自分のゴルフがそんなにひどいとは思っていない。まるで、悪い夢を見ているようだ。また次の日起きたら、パットが入り始めるような気がしているんだけど…」。

次週はオープンウィーク。スピースは、2週間後のプレーオフ第3戦「BMW選手権」まで、少しばかり長めの休暇を取ることになる。(マサチューセッツ州ノートン/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~