2018/06/02ザ・メモリアルトーナメント

松山英樹は後退4位 ウッズ24位 宮里&池田も決勝へ

ジェイソンデイ(オーストラリア)、ウェズリー・ブライアン、J.B.ホームズ、ブライソン・デシャンボーがつけた。 47位でスタートしたタイガー・ウッズは1イーグルを含む「67」をマークし、通算5アンダーの
2018/06/01ザ・メモリアルトーナメント

松山英樹がイーグル奪取で首位発進 ウッズは47位

アンダー5位タイにジェイミー・ラブマークら4人が並んだ。今季すでに2勝を挙げたジェイソンデイ(オーストラリア)が4アンダー9位タイにつけた。 3週ぶりの出場となったタイガー・ウッズは「72」で回り
2018/05/20AT&Tバイロン・ネルソン

21歳のルーキーが首位タイ浮上 松山英樹は後退29位

回り、通算17アンダーとして、マーク・レイシュマン(オーストラリア)と首位で並んだ。 ワイズは昨年、下部ウェブドットコムツアーで1勝を挙げたルーキー。2週前の「ウェルズファーゴ選手権」ではジェイソン
2018/05/17AT&Tバイロン・ネルソン

ウッズの次戦は「メモリアル」 帝王も復活V「近い」と太鼓判

はじめ、2位に後退したダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ(北アイルランド)や、当地に拠点を置くジェイソンデイ(オーストラリア)らが参戦。2014年大会で米初勝利を挙げた松山英樹もエントリーする
2018/05/16ゴルフ昔ばなし

PGAツアーを発展させたリーダーたち/ゴルフ昔ばなし

形で設立されました。ジョセフ・デイ氏が初代コミッショナーとなり、74年からは元選手のディーン・ビーマン氏が、94年にはティム・フィンチェム氏が就任。2017年から新たにジェイ・モナハン氏がその役職を
2018/05/16AT&Tバイロン・ネルソン

レジェンドの冠大会が新コースで開幕 松山英樹&小平智が出場

。 ディフェンディングチャンピオンはビリー・ホーシェル。前年はプレーオフでジェイソンデイ(オーストラリア)を破り、3シーズンぶりとなるツアー通算4勝目を飾った。 ダウンタウンの南に位置する開催コースは2014年に開場した
2018/05/14ザ・プレーヤーズ選手権

シンプソンが“第5のメジャー”で4差圧勝 ウッズ11位

アンダーの2位タイにシャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ジミー・ウォーカー、ザンダー・シャウフェレの3人。ジェイソンデイ(オーストラリア)、ジェイソン・ダフナーが13アンダー5位タイ…
2018/05/13ザ・プレーヤーズ選手権

シンプソンが7打差首位 ウッズ、スピースが急浮上

ダスティン・ジョンソンが通算10アンダー3位。2週連続優勝を狙うジェイソンデイ(オーストラリア)、ジェイソン・ダフナー、ジミー・ウォーカー、ザンダー・シャウフェレ、シャール・シュワルツェ…
2018/05/11中古ギア情報

あの大ヒットパターたちは今?

2017年「マスターズ」で、セルヒオ・ガルシアが悲願の初優勝を挙げた。その際使用していたパターが「テーラーメイド スパイダー ツアー レッド」だった。ジェイソンデイのために開発されたこのモデルは
2018/05/07ウェルズファーゴ選手権

デイが“あの夏”の悪夢を払拭する12勝目

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 最終日(6日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71) ジェイソンデイ(オーストラリア)が1月の「ファー
2018/05/07ウェルズファーゴ選手権

ジェイソン・デイが今季2勝目 ウッズは55位

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 最終日(6日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71) 単独首位でスタートしたジェイソンデイ(オーストラリア)が6バーディ、4
2018/05/06ウェルズファーゴ選手権

デイが今季2勝目に王手 松山英樹は最終日に進めず

2位から出たジェイソンデイ(オーストラリア)が「67」で回り、通算10アンダーとして単独首位に立った。前半5番でボギーをたたきながら、その後5バーディを奪取。最終18番のラフからの第2打では、靴を
2018/05/05ウェルズファーゴ選手権

ジェイソン・デイが1打差2位 ウッズ、松山は予選通過

アンダーとして単独首位で決勝ラウンドに進んだ。 1打差の2位に21歳のアーロン・ワイズと、1月の「ファーマーズインシュランスオープン」以来の今季2勝目を狙うジェイソンデイ(オーストラリア)。さらに1
2018/04/04ヨーロピアンツアー公式

ロリー・マキロイら「マスターズ」で注目すべき3人

10入りを果たしており、ここ8回の出場でトップ25入りを逃したことはない。これまでオーガスタでラウンドした回数が49回以下の選手の中では、ローズの平均スコア「71.83」は、ジェイソンデイ(71
2018/03/24WGCデルマッチプレー

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

ジョーダン・スピース、同7位のロリー・マキロイ(北アイルランド)、同11位のジェイソンデイ(オーストラリア)ら、世界上位の多くが予選リーグで姿を消した。 <決勝トーナメント進出者>(世界ランキング