ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

PGAツアー選手は苦渋の決断を支持 大会中止と「マスターズ」延期

4月上旬までの米国男子ツアー(PGAツアー)5試合が中止、メジャー初戦「マスターズ」が延期(時期未定)されたことについて、選手たちは一様に納得の表情を浮かべた。2日目以降のプレーが突然中止となった「ザ・プレーヤーズ選手権」の会場で、世界ランキング4位のジャスティン・トーマスらが報道陣に対応した。

トーマスは「もちろん個人的にはプレーしたいが、こういう状況だ。様々な要因や考えがあってのこと。誰も延期や中止など望んでいない」と主催者の決定に理解を示した。開催時期が未定になったマスターズについては「大好きな試合だからプレーできる望みを持ちたい。いつだっていい。勝つためにプレーできるなら気温が華氏25度(-3.89℃)で、誰もいなくても構わない」と話しつつ、「現時点では家に帰って数週間、何をすべきかを考えている」と視線をツアー再開のときに向けた。

今週、トーマスはリッキー・ファウラーと宿舎をともにし、前夜はジョーダン・スピースを交えて夕食をとった。「でも僕たちにできることは何もない、電話でコミッショナーやツアーからの連絡を待つしかないと話していたんだ」。他のスポーツ界でも中断が相次ぎ、13日にはドナルド・トランプ米大統領が国家非常事態を宣言した。ファウラーは「たかがゴルフで稼げるのは本当に特別なこと。でも外の世界では、スポーツやゴルフよりも人生のほうがよっぽど大切だ。試合が中止されたり、延期も仕方がない。もっと大事なことはたくさんある」と話した。

ジェイソン・デイ(オーストラリア)もツアーなどの決定を「納得すべきもの。米国だけでなく他国でもスポーツリーグが中断されていることを考えれば明らか」と支持した。荷物整理のため訪れたコースを出る5分ほど前にマスターズの延期も知り、「今はみんなが(ゴルフ界の混乱で)ナーバスになっているけれど、まずは選手だけではなく全人口の安全と健康を考えることが必要」と冷静に話した。

ひとまずはオハイオ州の自宅に帰るつもり。「メディアやSNSでたくさんの人々が(それぞれに)推奨する情報があるけれど、健康機関の言うことに耳を傾けて、ウイルスの拡散を止めることを理解しなくてはいけない」と周囲の安全を第一に考えていた。(フロリダ州ジャクソンビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ

  • 2020/11/12~2020/11/15
  • オーガスタナショナルGC(ジョージア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!