2018/10/21ザ・CJカップ

ケプカが逃げ切り優勝で世界ランク1位へ 松山英樹18位

ライアン・パーマーラファ・カブレラベロー(スペイン)の2人が続き、通算12アンダーの5位にジェイソンデイ(オーストラリア)とスコット・ピアシーの2人が入った。 新シーズン初戦となった松山英樹は、最終日を
2018/10/17ザ・CJカップ

松山英樹が韓国でシーズン初戦へ 地元の新星・任成宰も参戦

、済州島出身で開催コースのナインブリッジがホームコース。今季開幕戦の「セーフウェイオープン」でいきなり4位に入った新鋭は、地元ファンの前で雄姿を見せられるだろうか? 予選ラウンドのペアリングは、松山がアダム・スコット、ジェイソンデイ…
2018/09/21ツアー選手権

松山英樹は7打差を追う「14番以降はうまくいかなかった」

以上続けて当地でプレーしたのは3人だけ。2016年の第2ラウンドで途中棄権したジェイソンデイ(オーストラリア)を除くと、“完走”してきたのはパトリック・リードと松山しかいない。培ってきた経験もバウンスバックに必要な武器のひ…
2018/09/08BMW選手権

松山英樹が3位浮上 ウッズは12位に後退

王者ジャスティン・トーマス、ジェイソンデイ(オーストラリア)らが通算9アンダーの7位につけた。 首位から出たタイガー・ウッズは「70」と伸ばせず、通算8アンダーの12位とした。
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

メジャー2勝目なるか スコットの亡き仲間への思い

)が逝去した。緩和治療に切り替えてから数日での訃報を受け、悲しみに暮れた選手たちは前週の「WGCブリヂストン招待」に続いて黄色いリボンをつけてプレー。同郷のジェイソンデイは「彼は人生の半分で病と闘っ
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・シュワルツェルジュリアン・スリ 13:15(3:15) ジャスティン・トーマスシェーン・ローリー 13:25(3:25) スチュワート・シンクジェイソン・デイ 13:35(3:35) ゲーリー・ウッドランド
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

ケプカが首位で最終日へ ウッズ4打差 松山63位に後退

・トーマスやジェイソンデイ(オーストラリア)らと並んだ。 小平智、池田勇太は通算2アンダーの45位で3日目を終えた。 25位で出た松山英樹は3バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「73」と落とし、通算イーブンパーの63位に沈…
2018/08/10全米プロゴルフ選手権

松山英樹と池田勇太が16位発進 首位にウッドランド

アンダーの3位にブランドン・ストーン(南アフリカ)とザック・ジョンソンが続く。11人がひしめく3アンダーの5位グループに、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、2015年覇者のジェイソンデイ
2018/08/09全米プロゴルフ選手権

ジャロッド・ライルが死去 白血病で36歳

選手とキャディがキャップやウェアにライルのトレードカラーだった黄色いリボンをつけ祈りを込めていた。 訃報を受け、ジェイソンデイ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、パトリック・リードフランチェスコ・モリナリ(イタリア)ら多…
2018/08/08佐藤信人の視点~勝者と敗者~

トーマスが追う偉大な先輩の背中

、トーマスは2バーディ、1ボギーの「69」で回りました。2位と4打差をつけての勝利。相手がマキロイであろうと、一時は2打差に迫ったジェイソンデイ(オーストラリア)であろうと、他を寄せつけない安定した
2018/08/08ヨーロピアンツアー公式

データで見る「全米プロ」注目の欧州勢3人

3度のトップ10入りを果たしている。この大会では過去10年間のラウンドごとのストローク・ゲインドで、2015年王者のジェイソンデイに次ぐ2位につけている。 29歳のマキロイは今季、メジャーの日曜日で
2018/08/05WGCブリヂストン招待

トーマスがWGC初制覇へ3差首位 ウッズは後退28位

(イングランド)。10アンダー4位にジェイソンデイ(オーストラリア)がつけた。 6アンダーの10位タイで週末を迎えたタイガー・ウッズは1バーディ、4ボギー「73」で回り、通算3アンダーの28位タイとなった
2018/08/04WGCブリヂストン招待

松山と時松は37位に後退 ウッズは10位に浮上

(イングランド)と、「64」で回った世界ランキング3位のジャスティン・トーマスが通算11アンダーとし、イアン・ポールター(イングランド)をとらえて3人が首位で並んだ。 2打差の通算9アンダー4位でジェイソン
2018/08/03WGCブリヂストン招待

タイガー・ウッズは4打差発進「スコアをまとめられた」

をともにしたジェイソンデイ(オーストラリア)はウッズのアイアンショットの精度を評価。「距離のコントロールがうまくいっている。ミスショットをしても狙いから大きく外れない。もう少しドライバーショットが