ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 AT&Tペブルビーチプロアマ
期間:02/06〜02/09 場所:ペブルビーチGL ほか(カリフォルニア州)

マキロイ5年ぶり世界1位 ゴルフ界勢力図に変化は?

9日付の男子ゴルフ世界ランキングで5年ぶりに1位に返り咲いたロリー・マキロイ(北アイルランド)。選手寿命が長いとされるゴルフ界とはいえ、トップレベルを維持し続けることは容易ではない。現在の世界ランキングとマキロイが前回1位にいた2015年9月13日付のランキングを比較してみた。

■トップ10を保った3人

5年前と現在、ともにトップ10に名前を連ねているのは、マキロイを含めてダスティン・ジョンソン(9位→5位)、ジャスティン・ローズ(イングランド/8位→10位)の3人しかいない。マキロイですら18年にトップ10を外れた時期がある中でジョンソンは15年5月からトップ10をキープ。2008年にツアー初勝利を挙げて以来、昨季まで12シーズン連続で優勝を飾るなど地力が際立つ。

<< 下に続く >>

直近のランキングでマキロイに抜かれるまで1位に君臨していたブルックス・ケプカは、5年前は17位。17年「全米オープン」優勝を皮切りにメジャー4勝を積み上げた。2つのランキングでトップ20に入っているのは、ケプカやアダム・スコット(オーストラリア/13位→14位)ら9人。トップ30で区切ると、松山英樹(16位→23位)、リッキー・ファウラー(5位→26位)らを加えた計13人になる。

<5年前と現在でともにトップ20にいる選手>
マキロイ、ケプカ、ジョンソン、ローズ、パトリック・リード(18位→13位)、スコット、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ/12位→15位)、シェーン・ローリー(アイルランド/20位→17位)、マット・クーチャー(14位→20位)

■5年前のトップ4に明暗

当時マキロイとNO.1の称号を争っていたジョーダン・スピースは現在49位。前週は55位までランキングを落としていた。同じく3位だったジェイソン・デイ(オーストラリア)は38位、4位だったバッバ・ワトソンは45位となっている。いずれもトップ50に入っているとはいえ、トップレベルをキープする難しさを物語る。

当時7位だったジム・フューリックは49歳となり、現在74位。5年前のトップ10では唯一50位圏外にいる。ザック・ジョンソン(11位→230位)、ジミー・ウォーカー(12位→261位)といったメジャーを制した実力者もランキングを大きく下げた。

■“圏外”からブレークしたのは

当時トップ50圏外だった選手では、2016年にプロ転向したジョン・ラーム(スペイン/3位)が筆頭。現在4位ながら2018年には1位まで上りつめたジャスティン・トーマス、6位パトリック・カントレー、9位ザンダー・シャウフェレらも5年の間にトップグループに加わった面々だ。若き才能が台頭する一方、2週間前の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」を制して10年ぶりのトップ10復帰を果たした34歳のウェブ・シンプソン(45位→7位)のような例もある。

■最大のカムバックはこの人

当時283位にいたタイガー・ウッズは腰痛に苦しんで同年11試合の出場にとどまり、その後に長期離脱。16年11月末には自己ワーストの1199位まで落ち込んだが、2019年の「マスターズ」を含め3勝を挙げるなど一時は5位までランキングを戻し、現在8位。“スポーツ界最大”とも称されるカムバックを果たしている。

<世界ランキング・トップ10比較>
順位2015年9月13日付順位2020年2月9日付
1ロリー・マキロイ(北アイルランド)1ロリー・マキロイ(北アイルランド)
2ジョーダン・スピース(アメリカ)2ブルックス・ケプカ(アメリカ)
3ジェイソン・デイ(オーストラリア)3ジョン・ラーム(スペイン)
4バッバ・ワトソン(アメリカ)4ジャスティン・トーマス(アメリカ)
5リッキー・ファウラー(アメリカ)5ダスティン・ジョンソン(アメリカ)
6ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)6パトリック・カントレー(アメリカ)
7ジム・フューリック(アメリカ)7ウェブ・シンプソン(アメリカ)
8ジャスティン・ローズ(イングランド)8タイガー・ウッズ(アメリカ)
9ダスティン・ジョンソン(アメリカ)9ザンダー・シャウフェレ(アメリカ)
10セルヒオ・ガルシア(スペイン)10ジャスティン・ローズ(イングランド)
16松山英樹23松山英樹
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 AT&Tペブルビーチプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!