2003/07/21BCオープン

50歳スタドラーが2ツアーをまたいで2週連続優勝!

2003年米国男子ツアー第28戦『BCオープン』最終日。50歳のクレイグスタドラーが、最終ラウンドで63と爆発。トータル21アンダーで若手を蹴散らし、先週のチャンピオンズツアーに続いて2週連続優勝
2003/10/20SBC選手権

C.スタドラーが4打差逃げ切ってシーズン3勝目を飾った!

チャンピオンズツアー初のメジャーを制したクレイグスタドラーが、9月の「グレーターヒッコリークラシック」に続きシーズン3勝目を飾った。 2日目に7ストローク伸ばし11アンダーで単独首位に立ったスタードラーは
2014/04/14PGAコラム

K・スタドラーが来年の出場権を獲得 来年も父子出場?

・ウェストウッド(7位)、ジミー・ウォーカー、ジョン・センデン、ケビン・スタドラー、トーマス・ビヨーン(以上8位タイ)。 ケビンの父クレイグスタドラーは、息子が「マスターズ」出場を決めた年を最後の出場
2003/07/29フリートボストンクラシック

C.スタドラー、T.カイトなど好調な選手に注目だ!

、先々週の「フォード・シニアプレーヤーズ選手権」でシニアツアーの1勝目を飾り、先週は米PGAツアーの「BCオープン」で優勝したクレイグスタドラー。そして「全米シニアオープン」12位、「フォード・シニア
2003/06/25全米シニアオープン選手権

米国シニアメジャー「全米シニアオープン」プレビュー

引けを取らない状態だ。全米オープンのオリンピア・フィールズに敬意を表した意味で、このコースは引けを取ってない」 クレイグスタドラー(1973年の全米アマ選手権優勝者) 「やはり良い記憶のあるコース
2005/07/31全米シニアオープン

首位にC.スタドラーとL.ロバーツが並ぶ!飯合は18位タイへ

オハイオ州、NCRカントリークラブで行われている、米国チャンピオンズツアー第18戦「全米シニアオープン」3日目。この日、通算11アンダーでトップに並んだのが、クレイグスタドラーとローレン・ロバーツ
2005/08/21ボーイング グレーターシアトルクラシック

C.スタドラーら3人が首位に並ぶ混戦!飯合は53位タイへ後退

、デビッド・イーガー、クレイグスタドラー、モリス・ハタルスキーの3人だった。 なかでも、2日目にスコアを一気に伸ばしたのが、イーガーとクレイグスタドラーの2人。イーガーは、11番から1…
2004/06/28

スタドラー親子が史上2度目となる親子同日優勝達成!

スタドラー親子偉業を成し遂げた!父クレイグスタドラーはチャンピオンズツアー「バンク・オブ・アメリカ選手権」で、一方の息子ケビンはスポンサー招待出場したネーションワイドツアー「レイクエリー
2003/07/13フォード・シニアプレーヤーズ選手権

C.スタドラーが65を記録。トップタイへ浮上!

ツアーへの参戦を開始した実力者・C.スタドラーが65を記録しトップタイへ。早くもメジャー獲得への大きなチャンスが訪れた。 トップと6打差の8位タイでスタートしたスタドラーは7バーディ、ノーボギーという完璧
2013/09/16PGAコラム

今季最終戦への切符を手にするのは誰だ?

ワトニーが順位を落とせば、他の選手が代わってイーストレイクへ向かう可能性もある。ケビン・スタドラーチャールズ・ハウエルIII、ジミー・ウォーカー、ライアン・ムーア、ジョン・メリック、ロリー・サバティーニ
2004/06/28バンク・オブ・アメリカ選手権

C.スタドラーが4打差を逆転し今季2勝目 青木は14位タイ

マサチューセッツ州にあるナッシュオータックCCで行われている、米国チャンピオンズツアー第16戦「バンク of アメリカ選手権」の最終日。首位と4打差7位タイからスタートしたクレイグスタドラー
2002/03/07

プロも困惑「ゴルフルール」の数々

「メモリアル」でスコット・ホークが自分のスタンスにかかる枝を身体で押さえつつスイングしたところ、「スタンス状況を改善した」として2ペナ。1987年の「ビュイック招待」でクレイグスタドラーが地べたに跪いて
2004/10/25チャールズ・シュワブ・カップ選手権

新人マクナルティが2週連続優勝!アーウィンが最優秀賞獲得!

、27試合出場でトップ10に13回入り、賞金ランキングも3位で終えた。しかし、今週リードを無難に守っていれば、ヘイル・アーウィン、クレイグスタドラーを抜いて「チャールズシュワッブ杯」(ボーナスには
2013/06/24エンコンパス選手権

C.スタドラーが9シーズンぶり、ツアー通算9勝目を飾る

◇米国シニア◇エンコンパス選手権 最終日◇ノースショアCC(イリノイ州)◇7,103ヤード(パー72) 2打差リードで大会最終日を迎えたクレイグスタドラーが、通算13アンダーで逃げ切り、2004年
2013/06/23エンコンパス選手権

C.スタドラーが単独首位で最終日へ ツアー通算9勝目に王手

、大会2日目は第1ラウンドの未消化ホールと併せて第2ラウンドが行われた。 第1ラウンドを終えて、首位に5アンダーで5選手が並ぶ混戦。首位タイから出たクレイグスタドラーが「65」をマークして、通算12
2004/05/26全米シニアプロ選手権

ジェイ・ハース「全米シニアプロ選手権」に挑む

選手が入ってくるからね。チャンピオンズツアーはみんな知り合いだからね。それに初日の組もファジー・ゼラーとクレイグスタドラーと回れるから嬉しいよ。デビュー戦なので、みんな温かく迎えてくれている。どれ
2005/09/05ウォルマート・ファーストティーオープン

H.アーウィンがC.スタドラーの猛追を振り切り優勝を遂げる!

・アーウィンが2位以下の猛追を振り切り、見事優勝を遂げた。2位にはクレイグスタドラー。アーウィンと同じくトップタイからスタートしたギル・モーガンも1打及ばず2位タイに終わっている。 アーウィンはこの日、出入り