2007/10/15

「レクサスチャンピオンズチャレンジ」開催概要が決定

は以下の通り。 日本:青木功、室田淳、尾崎建夫、倉本昌弘、飯合肇、尾崎直道、中嶋常幸、渡辺司 米国:トム・ワトソン、アンディ・ビーン、デイヴ・ストックトン、クレイグスタドラー、ダナ・クウィグリィ
2004/10/18SBC選手権

ルーキーのマクナルティが圧勝劇!青木は大乱調も37位

「カントリーワイド・トラディション」で9打差をつけて勝って以来の最高マージンとなった。ツアーのルーキーで今季2勝以上しているのはマクナルティだけだ。 賞金王争いをしているクレイグスタドラーとヘイル
2003/10/24チャールズ・シュワブ・カップ選手権

ツアー最終戦開幕!2冠を狙うワトソンが3位タイと順調な滑り出し

次第で大きく左右される。また今季の最優秀選手を決めるプレーヤー・オブ・ザ・イヤーのタイトル争いでトム・ワトソンとクレイグスタドラーにも注目が集まっている。 初日をスコア“63”でラウンドし単独トップ
2003/07/28グレーターハートフォードオープン

ジェイク逃げ切り!! 8年ぶりの7勝目をゲット!

2003年米国男子ツアー第29戦『グレーターハートフォードオープン』が、コネチカット州グランドブランクにあるTPC at リバーハイランズで開催された。先週50歳のクレイグスタドラーがシニアツアー
2003/06/07全米シニアプロ選手権

海老原ベストスコアで首位と2打差の4位に浮上!!

2アンダー4位にはトム・カイトが並び、1アンダー7位グループにはシニア界では新人のクレイグスタドラーなどが名を連ねている。 その他の日本勢は、 初日に海老原と同じ2オーバー36位につけていた福沢孝秋
2007/08/27ボーイング・グレーターシアトルクラシック

D.ワトソンが大混戦を制し優勝! 尾崎直道はプレーオフで散る!

プレーオフに滑り込んだクレイグスタドラーとR.W.イークスが残って2ホール目。他の2人がバーディをマークする中、ワトソンは見事にイーグルを決め、今季2勝目を挙げた。 首位から6打差の11位タイでスタートした
2003/07/25グレーターハートフォードオープン

今週もベテランが活躍!!首位は2人で98歳!?

コース入り選手も多く、いつもどおりの米ツアーの雰囲気が戻ってきた。 米ツアーは先週クレイグスタドラーが、シニアのメジャーに続き、レギュラーツアーでも優勝という離れ技を見せてくれた。そしてその流れは今週
2004/02/16The ACEグループクラシック

プレーオフにもつれるもスタドラーが優勝

フロリダ州にあるツインイーグルスGCで行われている、米国チャンピオンズツアー第3戦「The ACEグループクラシック」の最終日。首位を走るクレイグスタドラーと1打で追いかけるゲーリー・コークが
2003/06/06全米シニアプロ選手権

難コースに苦しむ選手が続出

クレイグスタドラーはイーブンパーで、トム・カイト、ギル・モーガンらとともに11位タイと良い滑り出し。 コースがパー70で6,928ヤードと長めの設定で、スコアメークに苦しむ選手が続出したが、耐えた
2004/07/16BCオープン

田中秀道が21位タイの好スタート!

ネイションワイドツアーとレギュラーツアーを行き来しており、今季レギュラーツアーに5試合出場。うち予選通過2回、最高順位は50位の成績。悲願の初優勝に向けて好スタートを切った。 一方、昨年の覇者クレイグスタドラー
2005/09/1684 ランバークラシック

M.オメーラら4人が首位!丸山24位、田中37位、今田73位

アンダーの10位タイ、またクレイグスタドラーの息子、ケビン・スタドラーも3アンダーの16位タイと、まずまずのポジションにつけた。ところが、ディフェンディングチャンピオンのビジェイ・シン(フィジー)は
2014/06/17エンコンパス選手権

C.スタドラーが大会連覇に挑む ランガーら強豪も参戦

米国チャンピオンズツアー今季第12戦「エンコンパス選手権」が、20日(金)から22日(日)までの3日間、イリノイ州のノースショアCC で開催される。昨年の大会では、大会最終日を首位で迎えたクレイグ
2005/08/20ボーイング グレーターシアトルクラシック

T.カイトら4人がトップに並ぶ混戦に!日本の飯合は43位タイ発進

を伸ばしていった。 また、これに続く5位タイには、1打差の5アンダーで、ヘイル・アーウィン、ピーター・ジェイコブセン、クレイグスタドラーら、総勢7人がひしめくという大混戦状態。この中から誰が抜け出し