ニュース

米国シニアSAS選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 SAS選手権
期間:09/24〜09/26 プレストンウッドCC(ノースカロライナ州)

もう誰も止められない!スタドラー、6年ぶりの3大会連続優勝!

ノースカロライナ州にあるプレストンウッドCCで開催されている、米国チャンピオンズツアー第25戦「SAS 選手権」の最終日。初日から首位に立っていたクレイグ・スタドラーはこの日も6つスコアを伸ばし、2位以下に影を踏ませぬ6打差をつけての圧勝。今季5勝目はツアー6年ぶりとなる3大会連続優勝で、ツアー賞金ランキングも独走態勢に入った。

スタドラーは最終日を7バーディ、1ボギーで締めくくり通算17アンダーでフィニッシュ。2位には4打差でスタートしたトム・ジェンキンズがスコア「68」をマークしたものの、11アンダーまで伸ばすのが精一杯。3位タイにはホセ・マリア・カニザレスとダッグ・トゥールが8アンダーでホールアウトした。

中盤ジェンキンスが9番でバーディを取り4打差までつめた。しかし、スタドラーはすかさず10、11番と連続バーディで応えた。「もうあの時点で2位を死守するためのプレーを始めたよ」と、ジェンキンス。

スタドラーは16番、17番とダメ押しのバーディを奪い、最終18番へ。圧巻だったのが、約3メートルのバーディパットをほとんどラインを読まずに決めた。「あのパットを決めた時、上手すぎると誉めるしかなかった。『お前はPGAツアーに戻れ』って言ってやった」と、ジェンキンスは振り返る。スタドラーは冗談交じりに、「あの場面では6パットくらいしてもいいと思ってた。今は全てがうまくいってる。パットの読みもスピードも、自信がある。次から次へとボールが入るんだ」と言う。

スタドラーの3大会連続快挙は1997年にギル・モーガンが達成して以来の記録となった。再来週出場予定の「アドミニスタッフ・スモールビジネスクラシック」でも優勝すると1987年のチ・チ・ロドリゲス以来の4大会連続優勝の快挙となる。今季の賞金ランキングも2位のヘイル・アーウィンには54万ドルの差をつけていて、残り4試合なら難なく逃げ切れる。

米国男子はビジェイ・シンが記録的なシーズンを送っているが、米国チャンピオンズもスタドラーの時代が静かに幕開けしようとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 SAS選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。