最近のニュース 新着一覧≫


2018/12/06

「ゴルフは平和の象徴だ」ZOZO前澤社長インタビュー

た左利きのウェッジを目ざとく見つけた前澤社長は、まるで子どものような表情で手に取ってながめた。 「このシャフトはなんですかね? ダイナミックゴールドですか。僕もクラブを持ってくればよかったかな」 東京
2019/10/11ブリヂストンオープン

石川遼は新型ネオマレットパターを投入 台風被害も心配

馴染み始めたバックナインで本領を発揮した。10番で2mのパーパット、11番は4mのバーディパットを沈めた。16番(パー5)のイーグルはウェッジでのチップインだったが、「自分のL字パターよりも“等速に近い
2019/04/18東建ホームメイトカップ

新調したウェッジでチップイン 池田勇太が4位発進

は良かった」と振り返った。 1月の米ツアー「ソニーオープン」から海外での連戦が続いた池田は2日前の16日、タイトリスト・ボーケイデザインのウェッジを新調したばかりという。「日本の春先の芝は枯れた感じに
2019/09/28セーフウェイオープン

求められたリスキーショット 松山英樹の今季初戦は予選落ち

ウェッジで放った第2打は、グリーンに届かずに花道へと転がり落ちてボギーとした。 松山は顔をしかめて振り返る。「やっぱりグリーンが硬いというか、ウェッジで打てば止まるのか、それとも跳ねてしまうのか
2019/10/04シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

松山英樹が続ける1Wの探求 きょうのナイスショットは『1/3』

「ぜんぜん良くない」と、右ファーストカットで止まった1打には首を振った。 いまはウェッジから3Wまでと、1Wの間にスイングのギャップがある。「(スイングを)変えるつもりはないけど、どうしても変わってしまう」の
2019/09/26パナソニックオープン

FWキープ率35% 石川遼は“刻む”ティショットに四苦八苦

。「17番くらいからやっと」とエンジンがかかり始めたが、取り返したストロークは2つ。後半アウトではフェアウェイからウェッジでピン右奥2.5mにつけた2番、終盤のパー3である7番でバーディを決めた。 1W
2019/10/04トップ杯東海C

際立つ安定性と未勝利のはざまで 今平周吾が首位ターン

、強みでもあるショートゲームだ。前半9番では、グリーン手前のラフから40ydを60度のウェッジでカップに沈めるチップインバーディ。「ちょっと上げて、(手前の)マウンドに当たって寄ればいいかな」という巧みな
2019/10/04日本女子オープン

畑岡奈紗「パワーが出過ぎ」も目標達成へギアチェンジ

ウェッジでの3打目で寄せてパーとし、「ドライバー(ショット)もパッティングもパワーが出過ぎました」と振り返った。 首位を守ったペ・ヒギョン(韓国)は通算12アンダーまでスコアを伸ばした。畑岡は優勝スコア
2019/08/25セガサミーカップ

最大6打差の独走レース 石川遼は“守り”を見せず連続V

握りしめ、リードを6打に広げた。 5番の3打目は「パターのほうがOKに寄る可能性は高かった」というが、あえて「トップやダフリのリスクがある」ウェッジを選択。その背景には、「少しでも、守っていると思われる
2019/09/20日本シニアオープンゴルフ選手権競技

ベストスコアの夜も 田村尚之は電車に揺られマッサージ店へ

セーブ。グリーン左奥、芝がボールの背後にある難解なライからウェッジでスピンをかけてピンそば1m強に寄せた。アンダーパーがわずか8人という展開にも「小さくて、おまんじゅうのような(中央がせり上がった
2019/09/14日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

“空振り”ダブルボギーも畑岡奈紗は記録的メジャー3勝目へ

30cmに設定された深い芝の上に浮いた状態で、「ロブ(ショット)気味に上げて打とうと思ったけど、想定よりも浮いていた」と58度のウェッジが球の下を通過し、痛恨の“空振り”を喫した。続く4打目は逆に
2019/08/11ザ・ノーザントラスト

「10回に1回のアプローチ」松山英樹は3日連続アンダーパー

スコアにならないなという感じ」と、もどかしい展開を引きずった。 一時は40位台まで順位を下げたところで、ショートゲームが巻き返しの好材料になった。13番(パー5)では左足下がりのラフから、ウェッジでの3打