ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:セントアンドリュース(スコットランド)

石川遼

遼、自分流!リンクスをウェッジで攻略

今年で150周年を迎える「全英オープン」が、ゴルフの聖地・セントアンドリュースで開幕した。初日の石川遼は、トム・ワトソン、パトレイグ・ハリントンという歴代の全英王者とのペアリングで、9時20分にティオフした。

この日のセントアンドリュースは、午前中は薄曇りで風が全くないリンクスとしては非常に珍しいコンディション。早い時間にスタートした選手達が着々とスコアを伸ばす中、石川も好調なゴルフを見せた。

<< 下に続く >>

4番で2mを沈めて今大会初バーディを奪うと、5番パー5では2打目をグリーン手前の窪地まで運び、そこから斜面にワンクッションさせる見事なアプローチでピンそば50㎝に寄せてバーディ奪取。9番でもアプローチを1mに寄せてバーディとし、前半を3アンダーで折り返した。

13番のティショットがフェアウェイ中央のバンカーに捕まったが、この日バンカーに捕まったのはこの一度きり。このホールをボギーとしたものの、12番、そして最終18番でもグリーン手前の“罪の谷”越えのアプローチを1.5mに寄せてバーディフィニッシュ。初日は5バーディ1ボギーの「68」、通算4アンダーの17位タイという好スタートを切った。

「ロングパットのフィーリングも悪くなかったけど、その場に行って一番イメージが出るクラブがSWならSWで良いかなと。リンクス=転がすっていう固定概念があったけど、最善の道を自分が出すのが大事だと思う」と石川。素直な気持ちでセントアンドリュースに臨み、それが好結果として跳ね返ってきた。

天候に恵まれたことも否定出来ないが、運も実力のうち。明日は午後スタートとなる石川は、「天気がどうなるか分からないけど、朝の練習場をリズム良く終える。朝のコンディションを最高に整えることだけを考えたいです」と、自分のやるべきことに集中し、さらなる上位を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!