2020/07/03ロケットモーゲージ・クラシック

松山英樹は2戦続けて不満スタート「自信を持って打てれば」

番から2連続バーディ。7番(パー5)までにつくった3つの“貯金”をその後、ショットのわずかな乱れで吐き出した。9番(パー3)はグリーン右の深いラフからのアプローチに失敗。ウェッジのヘッドがボールの下を
2020/06/25アース・モンダミンカップ

中1以来の罰打 渋野日向子「怒り通り越してわらけてきた」

的に磨いたウェッジにも及第点を与えた。「最初は緊張しましたね。明日以降もっと攻めのゴルフができるように頑張りたい」と気持ちを切り替え、2日目を見据えた。 ※14.7a 球をプレーしなければならない場所
2020/06/25アース・モンダミンカップ

畑岡奈紗の目標設定 優勝争いへ「20アンダーいかないと」

ウェッジで手前2mにつけ、バーディで締めくくった。 4バーディ、1ダブルボギーの「70」。初出場の大会では例年ビッグスコアも珍しくないとあって「ピンチがあった中でイーブンまでいかずに我慢して(最後)2
2020/06/15アース・モンダミンカップ

渋野日向子「悔いのない選択を」米ツアーへの思いは変わらず

」と前向きに述べた。 長引いたオフは「99%ウェッジ」とショートゲームに時間を割きロブショットなど“寄せ”のバリエーションも増やした。週3日は筋肉痛が出るほどのトレーニングも継続し「試合がなかった
2020/06/09“あるあるレッスン”に潜む罠

「バウンス角が大きい=やさしいウェッジ」の罠

インパクトさせます。その滑らせる働きをするのが、ソールにある出っ張り部分の“バウンス”です。一般的にバウンス角が大きい(ハイバウンス)ウェッジは、ソールが滑りやすい構造のため、ダフりなどのミスが起こりにくく