ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

メジャーを意識!ウェッジ3本で戦う谷原秀人

2008/05/24 18:19


国内男子ツアー第6戦の「マンシングウェアオープンKSBカップ」3日目を終え、単独首位をひた走る谷原秀人。ショットの好調がパッティングにも影響し、着実にスコアを伸ばし続ける谷原だが、もう一つの武器が先週の日本プロから使っているという3本のウェッジ達だ。

これまでは53度と59度の2本のウェッジを使っていたが、全米オープン、全英オープンなどのメジャー大会で戦うためには、グリーン回りの更なる技術の向上が必要と判断。内藤コーチらと相談し、3Iを抜いて、53度、56度、60度という3本のウェッジをバッグに入れている。

特に役立っているというのが56度のウェッジ。「60度だとグリーン周りの良いライからだと、飛ばないし、くっつきにくくて、距離感が合わない。でも56度なら、フェースに載るしラインも出しやすい。コントロールし易いので、凄く楽になっている」という。

「バンカーでも、60度だと入り方によって変わってきちゃうけど、56度ならフェースを開くことで安定した球が出る」という谷原。「56度一本でグリーン回りのチョイスが増えてくる」と、好調なショットに3本のウェッジを駆使し、万全の状態で最終日に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。