ニュース

米国男子フライズエレクトロニクスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

C.ペターソンが単独首位に! 丸山大輔が6位タイで追う!

アリゾナ州にあるグレイホークGCで開催されている、米国男子ツアー第41戦及び「フォールシリーズ」の第6戦の「フライズエレクトニクスオープン」の3日目。この日のベストスコアをマークしたカール・ペターソンが単独首位に立っている。

5位タイでスタートしたペターソンは、前半4、5番で連続バーディをマークすると、後半立ち上がりの10、11番でも連続バーディを決めるなど、6バーディ、ノーボギーでラウンド。この日のベストスコアとなる「64」をマークし、通算13アンダーとして単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

首位から1打差の通算12アンダーで2位タイに並んでいるのは、波の大きなゴルフを続けているマーク・ヘンズビー(オーストラリア)と、着実にスコアを伸ばしてきているマイク・ウィア(カナダ)。この3日間は目まぐるしく首位が入れ替わっているだけに、最終日の2人のプレーにも注目が集まる。

通算10アンダーの4位タイには、ジャロッド・ライル(オーストラリア)と、首位から順位を落としたライアン・ムーアが並んでいる。また、2位タイからスタートした丸山大輔はスコアを1つ伸ばすに止まり、通算9アンダー。ジャスティン・レナードらとともに6位タイにつけており、首位と4打差のポジションで明日の最終日を迎える。シード権獲得へ向け厳しい状況となっているだけに、最終日の動向に注目が集まる。この他、今田竜二は通算7アンダーとして14位タイに浮上。丸山茂樹は通算イーブンパーの56位タイ。シード権獲得のためにも、最終日に少しでも順位を上げたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 フライズエレクトロニクスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!