ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ツアーで最も平坦なデトロイトGC 松山英樹と小平智が参戦

◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 事前情報◇デトロイトGCノースC(ミシガン州)◇7370yd(パー72)

今年で3回目を迎える大会の舞台は、ドナルド・ロス設計によるツアーで最も平坦なコース(※ショットリンクデータによる)。昨年はブライソン・デシャンボーが通算23アンダーで優勝を果たしている。

<< 下に続く >>

フィールドにはディフェンディングチャンピオンのデシャンボーに加え、昨年2位のマシュー・ウルフも2カ月の離脱を経て復帰3戦目として参戦。大会初出場となる「全米プロ」覇者のフィル・ミケルソンは、ミシガン州でじつに13年ぶりのプレーとなる。

日本勢は「マスターズ」を制した松山英樹と、小平智が参戦する。松山は26位で終えた「全米オープン」から1週間のオフを挟み、小平は前週から2連戦。松山は「全英オープン」、「東京五輪」を見据えた戦いとなり、現在フェデックスカップランク144位の小平は、好調を維持して一気に来年のシード権獲得(125位以内)に弾みをつけたいところだ。

大会は地元デトロイトのインターネット接続環境改善のためのチャリティ活動(Change the Course)に注力しており、14番から16番の3ホールを「エリア313」と名付けて、その活動の中心に位置づけている。デトロイトは米国で最もインターネット接続環境が整っていない都市(10万戸以上)とされていて、全世帯の約3分の1にブロードバンド環境がないという。

<主な出場予定選手>
ブライソン・デシャンボージェイソン・デイリッキー・ファウラー小平智ジェイソン・コクラック松山英樹フィル・ミケルソンバッバ・ワトソンマシュー・ウルフゲーリー・ウッドランドウィル・ザラトリス

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!