ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ショットリンクをぶっ壊す!? デシャンボーが“最長平均飛距離”を記録

◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 最終日(5日)◇デトロイトGC(ミシガン州)◇7340yd(パー72)

規格外の飛距離が、PGAツアーが誇るシステムをも戸惑わせている。集中的な肉体改造でツアートップの飛ばし屋となり、通算6勝目を飾ったブライソン・デシャンボー。米ゴルフチャンネル電子版はツアーが提供する、選手のストローク動向を追う「ショットリンク」における“懐疑的な問題”について言及した。

<< 下に続く >>

デシャンボーの4日間の指定2ホールでの平均飛距離350.6ydは、2003年に同システムが導入されてから史上最長。2005年セントアンドリュースで行われた「全英オープン」、タイガー・ウッズが硬直したフェアウェイで記録した341.5ydを上回った。

『Bryson DeChambeau broke ShotLink―』と題した記事によると、ショットリンクではグリーンから30yd以内に到達したストロークについてはシステム上、「グリーンを狙ったショット」として数えられる。デシャンボーは今週、パー4で1オンチャレンジに数回挑戦。グリーンをとらえたもの、あるいは30yd以内にたどり着いたものはそのまま、アイアンやウェッジでグリーンを狙ったショットと同じように分類され、統計を成す数量データのひとつになる。

ショットリンクはグリーンを狙ったショットの精度、その場合のピンからの平均距離といった様々な数値を示し、統計学を用いた独自の指標「ストローク・ゲインド」もここからはじき出される。それが揺らぎかねない…。もちろん、パー4で1オンを狙えるケースはこれまでもデシャンボーに限ったことではないが、問題はその数の多さ。今後、システムの修正や再考が求められるかも?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!