ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

今季最後のWGCに“歴代覇者”松山英樹が参戦 ラームは世界1位初陣

2020/07/28 11:45

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 事前情報◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

シーズン最後の世界選手権シリーズ(WGC)が30日(木)に開幕する。「フェデックス セントジュードクラシック」が開催されてきたTPCサウスウィンドに会場を移して2年目。昨季は「全英オープン」翌週だったが、今季は唯一のメジャー「全米プロ選手権」前週に入り、世界各国から集まった精鋭78人がしのぎを削る。

<< 下に続く >>

前年大会はブルックス・ケプカがWGC初制覇。昨年痛めた左ひざに不安を抱え、前週大会でも予選落ちするなどフェデックスカップランキング155位と低迷が続くものの、ビッグトーナメントでの勝負強さはキャリアにおいて際立つ。3連覇がかかる「全米プロ」に向けても、予選カットのない4日間はプラス材料となるか。

2週ぶりの試合となる松山英樹は、ファイヤーストーンCCで行われた前身大会「ブリヂストン招待」を2017年に制した歴代覇者の1人として名を連ねる。予選落ちした直近の「ザ・メモリアルトーナメント」から立て直しに期待がかかる。初日、2日目はジャスティン・トーマスコリン・モリカワと同組になった。

ジョン・ラーム(スペイン)は世界ランキング1位に輝いてから出場する初めてのトーナメント。そのラームにトップの座を譲ったロリー・マキロイ(北アイルランド)にとっては、昨年大会最終日を単独首位で迎えながら優勝をさらわれたリベンジの一戦でもある。

世界トップ50からはアダム・スコット(オーストラリア)、タイガー・ウッズジャスティン・ローズ(イングランド)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)、リー・ウェストウッド(イングランド)、今平周吾の6人が出場を見送った。ウッズは今季3戦のWGCをすべて欠場となった。

<主な出場予定選手>
ブルックス・ケプカジェイソン・デイブライソン・デシャンボートミー・フリートウッドリッキー・ファウラーセルヒオ・ガルシアダスティン・ジョンソン松山英樹ロリー・マキロイフィル・ミケルソンコリン・モリカワジョン・ラームウェブ・シンプソンジョーダン・スピースジャスティン・トーマス

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!