ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ファウラーとデシャンボーが首位 松山英樹は棄権

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(2日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

昨年より2万人以上も多いツアー史上最多の19万1400人が来場した2日目。初日に続いて5アンダー「66」をマークしたリッキー・ファウラーが、通算10アンダーとしてブライソン・デシャンボーと並び首位に立った。

この日のスタート前に、大会3連覇を目指していた松山英樹が左手痛のため棄権。同組で回る予定だったファウラーは、ウェブ・シンプソンとの2サムで7バーディ、2ボギーとスコアを伸ばした。一方のデシャンボーもファウラーと同じく連日の「66」を並べた。

通算9アンダーの3位には、ダニエル・バーガーチェズ・リービーの2人。通算8アンダーの5位にチェッソン・ハドリースコット・ストーリングスクリス・カークの3人が続いた。

通算7アンダーの8位には、地元アリゾナ州立大学出身のフィル・ミケルソンジョン・ラーム(スペイン)ら11人がつけている。また、今季3試合目のジョーダン・スピースはカットラインに1打届かず予選落ちとなった。

関連リンク

2018年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~