ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹「エグい」 マスターズ会場・5番パー4を40yd延長

2019/02/03 19:15


◇メジャー第1戦◇マスターズ 事前情報◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

4月のメジャー初戦「マスターズ」の主催者は開幕を2カ月後に控え、2019年大会のコース概要を発表した。5番ホールのティグラウンドを改造し、40yd長くして495ydに設定。18ホールで計7475ydとなった。

5番は打ち上げになる左ドッグレッグのパー4。2018年大会の平均スコアは4.16で、18ホール中6番目の難度を誇った。公式ガイドによれば、ティショットで左サイドのフェアウェイバンカーを越えるためには313ydのキャリーが必要になるという。

今年8回目の出場を決めている松山英樹は「本当に伸びたんですか? エグい…」と驚きを隠さなかった。同コースで最も長いパー4は505ydの11番で、数字上では5番は10番と並び、それに次ぐ距離となったが、「(打ち上げのため)5番が一番長くなりますね。逆に1Wで打って、左のバンカーが関係なくなるのかな…。去年でさえ313ydのキャリーでは越えないのでは」と分析。「難易度は絶対に1番になると思う。あの狭いグリーンを6Iとか5Iで狙わなくちゃいけない。バーディは獲れる? ない!」と言い切った。

なお、オーガスタナショナルGCは、左ドッグレッグの13番(パー5)の距離を長くするという噂が数年前からささやかれている。近年、ティグラウンド後方にあたる敷地外の土地を買収したというが、今年の大会はこれまで通り510ydの表示となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。