ニュース

米国男子クイッケンローンズ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 クイッケンローンズ・ナショナル
期間:07/30〜08/02 場所:ロバートトレントジョーンズGC(ヴァージニア州)

石川遼は伸ばせず10位 トロイ・メリットが初優勝

◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 最終日◇ロバートトレントジョーンズGC(バージニア州)◇7385yd(パー71)

3打差の8位から出た石川遼は2バーディ、2ボギーの「71」とスコアを縮められず、通算11アンダーの10位で大会を終了。3日目に「61」をマークして最終日を首位から出たトロイ・メリットが5バーディ、1ボギーの「67」として通算18アンダーまで伸ばし、後続に3打差をつけてツアー初優勝を飾った。

<< 下に続く >>

リッキー・ファウラーが「69」とし、通算15アンダーで2位に入った。通算14アンダーの3位にスウェーデンのデビッド・リングマース。通算12アンダーの4位にジャスティン・トーマスダニー・リー(ニュージーランド)、ジャスティン・ローズ(イングランド)ら6人が並んだ。

42位から出た大会ホストのタイガー・ウッズは、10番までに5バーディを重ね一時は10アンダーまで伸ばす大奮闘。結局、6バーディ3ボギーの「68」で通算8アンダーとし、18位に順位を上げて大会を終えた。

石川のトップ10フィニッシュは今季2度目。この結果を受け、大会前に140位だったフェデックスカップポイント、130位だった獲得賞金はいずれも来季出場資格の与えられる125位以内になんとか入る見通し。残り2試合のレギュラーシーズン出場で、いずれかを死守できれば来季の出場権を確保できる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 クイッケンローンズ・ナショナル




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!