ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 チューリッヒクラシック
期間:04/23〜04/26 TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

ローズが鮮やかな逆転優勝! 石川遼は62位

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 最終日◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7424yd(パー72)

前日までのサスペンデッドの影響で、各選手18ホール以上をこなす長丁場を強いられた大会最終日。ジャスティン・ローズ(イングランド)が第3ラウンド「65」、最終ラウンド「66」とスコアを伸ばし、通算22アンダーでホールアウト。迫る後続を1打差で振り切って、今季初勝利&米ツアー通算7勝目を飾った。

バーディ合戦を制したのは、2013年「全米オープン」チャンピンのローズだった。第1ラウンドを6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「69」で終えると、それ以降の54ホールは1つのボギーを叩くこともなく、2R:6個、3R:7個、FR:6個とバーディを積み上げた。最終日の上がり2ホールも連続バーディ。最終18番で4mのバーディパットを沈めると、右手で力強くガッツポーズをして吠えた。

通算21アンダーで2位に入ったのは、ツアー初優勝を目指したキャメロン・トリンゲール。通算20アンダーの3位にブー・ウィークリー、通算19アンダーの4位タイにジェイソン・デイ(オーストラリア)とデービッド・ハーン(カナダ)が続いた。

暫定16位で最終日を迎えた石川遼は27ホールをプレー。第3ラウンドの残り9ホールで2つ落とし、通算7アンダーの56位で最終ラウンドへ。最終18番をダブルボギーフィニッシュとしたほか5バーディ、3ボギー「72」とし、通算7アンダーの62位タイで4日間を終えた。

関連リンク

2015年 チューリッヒクラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~