ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 マスターズ
期間:04/09〜04/12 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

新記録でスピース独走 松山12位、ウッズとマキロイは19位で決勝へ

◇海外メジャー第1戦◇マスターズ 2日目◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

初日に続いて、再び21歳がオーガスタを制圧した。3打差リードの単独首位からスタートしたジョーダン・スピースが6バーディ、ノーボギーラウンドにまとめる「66」をマーク。2位との差を5打に広げる通算14アンダーまで伸ばし、独走状態で決勝ラウンドへ折り返した。

スピースが記録した初日から36ホールのストローク数「130」は、1976年大会を制したレイモンド・フロイドが保持していた大会レコード「131」を塗り替えた。

この日も4つのパー5をすべてバーディとする堅実なプレー。この2日間でボギーはわずか1つ。若きパッティング巧者は「短い距離をしっかりと決められているということ」と静かに笑った。

昨年は首位タイから出た最終日に、バッバ・ワトソンに競り負けた。「去年は日曜日に素晴らしいスタートを切って勝つチャンスが出た。今年、もう一回その機会をつかみたい。ここはまだ半分。このままトライして、あと2日間我慢を続けたい」と気持ちは早くも日曜日に向けられている。

通算9アンダーの2位にチャーリー・ホフマン。7アンダーの3位にジャスティン・ローズポール・ケーシー(ともにイングランド)、ダスティン・ジョンソンの3人が続く。ジョンソンは2番、8番、15番のパー5で、1ラウンドで大会最多となる3イーグルを記録した。

通算1アンダーの18位から出た松山英樹は、前半2番でオーガスタ初イーグルを記録したほか、3バーディ、3ボギー「70」でホールアウト。通算3アンダーの12位に浮上し、3年ぶりとなる決勝ラウンド進出を上位で決めた。

通算2オーバー50位タイまでの55人が予選を通過。1オーバー41位から出たタイガー・ウッズは4バーディ、1ボギー「69」でプレーし、通算2アンダーの19位で決勝へ。4大メジャー制覇に王手をかけているロリー・マキロイ(北アイルランド)は、通過圏外で迎えたバックナインで5つ伸ばし、ウッズと並び19位に浮上。予選落ちの危機を免れた。

関連リンク

2015年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~