ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/26〜03/01 PGAナショナル(チャンピオンコース)(フロリダ州)

ハリントンの7シーズンぶり勝利で月曜決着 石川遼は25位

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 最終日◇PGAナショナル・チャンピオンコース(フロリダ州)◇7140yd(パー70)

大会2日目以降の荒天による影響で前日に日没サスペンデッドとなり、2日(月)に持ち越された最終ラウンド。決着は通算6アンダーで首位に並んだパドレイグ・ハリントン(アイルランド)とダニエル・バーガーのプレーオフにもつれこみ、2ホール目の17番(パー3)をパーとしたハリントンが5日間に渡った長い戦いを制した。

ハリントンは暫定9位から11ホールをプレーして最終ホールで首位タイに並び、2008年「全米プロゴルフ選手権」以来となる7シーズンぶりの米ツアータイトルを獲得。05年大会で米国ツアー初優勝を手にした舞台で、久々の勝利の余韻に浸った。

最終ラウンド「64」をマークしてプレーオフに進んだバーガーは、2ホール目のティショットを手前の池に入れて終戦。惜しくもツアー初優勝はならなかった。

通算5アンダーの3位にポール・ケーシーイアン・ポールターのイングランド勢と、スコットランドのラッセル・ノックス。さらに1打差の6位にジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)が続いた。暫定4位につけていたフィル・ミケルソンはバックナインで3つ落とし、通算イーブンパーの17位に沈んだ。

石川遼は8ホールをプレーして2つスコアを伸ばし、最終ラウンドを4バーディ、5ボギーの「71」。通算2オーバーの25位タイで終えた。

ポールターとケーシーが暫定首位で月曜日に持越し 石川遼は暫定40位に後退

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 4日目◇PGAナショナル・チャンピオンコース(フロリダ州)◇7140yd(パー70)

荒天によりサスペンデッドとなっていた第3ラウンドが行われ、予選を通過した71人がそのまま組替えなしで最終ラウンドに突入。午後6時過ぎに日没サスペンデッドとなり、72ホール完了は2日(月)に持ち越された。

通算7アンダーの暫定首位に立つのは第3ラウンドで「66」をマークしたイアン・ポールターと、ポール・ケーシー(ともにイングランド)の2人。ポールターのほか、1打差の暫定3位につけたパトリック・リード、暫定9位のパドレイグ・ハリントンを加えた最終組は7番ホールを終えたところでプレーを翌日に持ち越した。

トップからは3打差、通算4アンダーの暫定4位タイに10ホールを残しているフィル・ミケルソンら5人がつけている。

2015年に入り、初の決勝ラウンド進出を決めた石川遼はこの日に開始した第3ラウンドで4バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの「72」と2つスコアを落とした。18位タイから出た最終ラウンドは10番まで終えて1バーディ、4ボギーとさらに後退し、通算4オーバーの暫定40位タイから残り8ホールをプレーする。

最終ラウンドの残りは2日午前8時に再開される。

関連リンク

2015年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~