ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 チューリッヒクラシック
期間:04/24〜04/27 TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

石川&松山世代 22歳のノ・スンヨルが米ツアー初優勝!

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 最終日◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7,399ヤード(パー72)

スタート前から吹き荒れる強風が連想させた“嵐の予感”は、単独首位で最終日を迎えた22歳には無縁だった。2打差リードでスタートしたノ・スンヨル(韓国)が4バーディ、3ボギーの「71」にまとめ、通算19アンダーで逃げ切り勝利。米国ツアー参戦3年目にして初タイトルを獲得し、自身初となる「マスターズ」(2015年)出場権も手にした。

序盤は重い空気に包まれた。1番のティショットを大きく右に曲げると、2.5メートルのパーパットを外し、今週55ホール目にして初めてのボギー。その直後に1組前を回るジェフ・オバートンが2番(パー5)でイーグルを奪い、さらに同組のキーガン・ブラッドリーが2番でバーディ。通算17アンダーで首位に並ばれ、自ら混戦を招いてしまう。

しかし、並ばれはするが抜かれはしない粘りが、再び流れを引き寄せる。7番までパーを重ねて首位を並走すると、8番で5.5メートルのチャンスを決めて再び単独首位へ。1打差リードで迎えたサンデーバックナインは1度も首位に並ばれることなく、最後は2打差をつけて逃げ切った。

通算17アンダーの2位はアンドリュー・スボボダロバート・ストレブの2選手。通算16アンダー4位にオバートン。通算14アンダー5位タイにエリック・コンプトンら3選手が並んだ。ノとの直接対決で逆転を狙ったブラッドリーは、6番のトリプルボギーで優勝争いから脱落。通算13アンダーの8位タイに終わった。

<主な上位選手成績>
優勝/-19/ノ・スンヨル
2位/-17/A.スボボダR.ストレブ
4位/-16/J.オバートン
5位/-14/E.コンプトンR.ガリガスC.ホフマン
8位/-13/J.ローズT.ゲイニーK.ブラッドリー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。