ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 メイバンク・マレーシアオープン
期間:03/04〜03/07 クアラルンプールG&CC(マレーシア)

“石川世代”ノ・スンヨルが劇的勝利! 片山晋呉は14位タイ

マレーシアにあるクアラルンプールG&CCで開催されている、欧州男子ツアー第9戦「メイバンク・マレーシアオープン」の最終日。18歳のノ・スンヨル(韓国)が、最終ホールでスーパーショットを決め、欧州ツアー初勝利を挙げている。

石川遼と同じ18歳、ノ・スンヨルが欧州を制した。初日以来、徐々に調子を上げて迎えた最終日。1番からバーディを決める好スタートを切ると、その後もバーディを重ね、通算13アンダーで最終ホールを迎える。優勝の望みを託した第3打が飛んで行った先は、カップはおろかグリーンからも遠く離れた、隣の練習用グリーンのさらに奥。この瞬間、誰もがノの勝利はなくなったと確信したが、放った第4打目がまさかのカップイン!奇跡のスーパーショットで通算14アンダーとしたノが、欧州ツアー初勝利を飾った。2008年のアジアンツアー初勝利の後、苦しいシーズンとなった2009年を乗り越え、並み居る強豪・大物を相手に手にした2010年の初勝利は、スーパースターへの第一歩となるに違いない。

通算13アンダー、単独2位でフィニッシュしたのは崔京周(韓国)。前半、3バーディをマークし、逆転優勝へ向け順調に歩みを進めていたが、優勝は後輩に譲り、通算13アンダー、単独2位でフィニッシュ。後半1つでもスコアを伸ばしていれば、と悔やまれる一戦となった。

通算12アンダー、3位タイにはリース・デービス(ウェールズ)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ソレン・ハンセン(デンマーク)が並んだ。日本勢では、片山晋呉が通算7アンダー、14位タイに順位を上げてフィニッシュ。初日の大叩きから、見事な巻き返しを見せて大会を終えている。谷原秀人は通算1オーバーの49位タイ、藤田寛之は通算4オーバー、65位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。