ニュース

米国男子ザ・ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ザ・ツアー選手権
期間:11/01〜11/04 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

上位が伸びず混戦に。D.デュバルが上がってきた

2001/11/04 09:00

米国男子ツアーの最終戦「ツアー選手権」の3日目は、上位につけていた選手がスコアを伸ばせず、混戦状態になってきた。2日目に単独首位に立ったS.バープランクは、5番ホールまでに3バーディを奪いスコアを伸ばした。6番バギーの後、9番パー5でイーグルを奪い14アンダーとしたが、終盤ボギーを叩き13アンダーとなった。回りが大きくスコアを伸ばしてきたが、バープランクが1ストロークのリードで最終日を迎えることになった。

12アンダーでバープランクに1打差まで迫ってきたのは、4アンダー14位からスタートしたD.デュバルだ。5番パー5でイーグルを奪い、1つボギーを挟んで7番からは3連続バーディを奪った。後半も3連続を含む4バーディと快進撃を続け、この日8アンダーをマーク。先週のビュイックチャレンジでは、最終日に9アンダーをマークし猛チャージをかけた。惜しくもプレーオフでディマルコに敗れはしたが、この時と同じように長いバーディパットが面白いように入った。

<< 下に続く >>

さらに1打差の3位に、前後半3つづつバーディを奪ったE.エルスが浮上してきた。同じく11アンダーには、S.ガルシアM.ウィアといった米ツアーを代表する若手選手など6人が並んでいる。

そして10アンダー9位にはJ.フューリックが、この日のベストスコア、そして今回の舞台であるチャンピオンズゴルフクラブのコースレコード9アンダー61をマークした。

前日4つスコアを伸ばし通算5アンダーで7位まで順を上げたT.ウッズは、2ストロークしか伸ばせず14位に後退した。前日は時より腰痛をかばうシーンが見られた。しかし、この日は元気そうに見えたのだが、スコアは伸びなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ザ・ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!