ニュース

米国男子インベンシスクラシック at ラスベガスの最新ゴルフニュースをお届け

ダブルイーグルを決めたC.パリーが首位に立った

米国男子ツアー「インベンシスクラシック」の第3ラウンド。3コースを使用して予選ラウンドが行われるため、3日間とも好スコアを出すのは難しい。

初日、2日と完璧なゴルフで19アンダーまで伸ばしたT.レーマンも、この日ラウンドしたTPCキャにオンズではスコアを伸ばすことができなかった。10番ホールからスタートしたレーマンは12、14番でボギーを叩き苦しいスタートとなった。その後はパーセーブを繰り返し、4番パー5でようやくバーディを1つ奪った。この日1オーバーで通算18アンダー、2位に後退してしまった。

<< 下に続く >>

レーマンに代わって首位に立ったのは、13アンダーの5位からスタートしたC.パリー。TPCサマリンをラウンドしたパリーはスタートの1番ホールでバーディを奪うと、3番パー5ではセカンドショットがカップイン。ダブルイーグルを達成し、一気に3ストローク伸ばした。その後は3バーディ1ボギー、通算19アンダーまで伸ばした。

17アンダーの3位には、B.エステス、S.マッキャロンがそれぞれスコアを大きく伸ばして上がってきた。さらに1打差の5位にはこの日イーブンパーとスコアを伸ばせなかったF.カプルスと、S.フレッシュが並んでいる。

この日注目を集めたのはJ.デーリーだった。TPCサマリンをラウンドしたデーリーは、出足の10番でボギーを叩いたが、その後はバーディを5つ奪い18アンダー伸ばした。ここまで好調だったデーリーがどこまでスコアを伸ばすかに注目が集まった。しかし、5番パー3でボギーを叩くと、なんと8番ホールまで4連続ボギーを叩いてしまった。 終ってみればこの日はイーブンパー、14アンダーは変わらず、順位は4位から9位に後退してしまった。

日本勢は、9アンダーの21位からスタートした丸山茂樹が、この日1オーバーで41位に後退。5アンダー66位からスタートした、サザンハイランドをラウンドし5バーディ、3ボギーで2ストローク伸ばした。通算7アンダー53位に浮上し予選を通過。シード権獲得に向け少しでも順位を上げたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 インベンシスクラシック at ラスベガス




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!