ニュース

米国男子インベンシスクラシック at ラスベガスの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 インベンシスクラシック at ラスベガス
期間:10/09〜10/13 場所:TPC at サマリン、他2コース(ネバダ州)

PGAツアー「インベンシス・クラシック」2日目

90ホール、5日間に渡って3つのコースで開催される「インベンシス・クラシック」。大会フォーマット以外の大きな特徴は開催地がラスベガスだということだが、なんとジョン・デーリーがすでに3位賞金の同額の収入をカジノで得たらしい。月曜日の夜せっかくのラスベガスということでカジノに行ったデーリーは40万ドルの大勝ちだったという。しかしデーリーは、こんなことで喜んでいる場合じゃない。実際彼の頭の中は家族とゴルフでいっぱいのはず。彼の母親は現在ガンで闘病中。ゴルフも「インベンシス」の初日に(75)と痛いスコアで始まってしまったデイリーは、カジノ同様大勝ちできるのか?

そのジョン・デーリー、2日目もあまり美しくない光景。TPCアット・サマリンでプレーしたデーリーは308ヤードのパー4でドライバーショットをなんと近くの民家の庭に打ち込む失態。

<< 下に続く >>

一方、初日のリーダー、スティーブ・ジョーンズも同じくTPCアット・サマリンで好調を持続させていた。7番のバーディで11アンダーへ。追いかける大会3度優勝経験者のジム・フューリックはTPCキャニオンズでラウンド。所どころパットがカップに嫌われる場面もあったものの、通算12アンダーとなる(66)で2日目を終えた。

先週、念願の初優勝を遂げて波に乗るチャールズ・ハウエル3世はサザンハイランズの12番パー3でバーディを奪い10アンダー。その頃リーダーのスティーブ・ジョーンズも10番でグリーンエッジからのパットを沈めて13アンダーにまでスコアを伸ばしていた。しかしジョーンズの後半は伸びるどころか後退。結局11アンダーにまで落ちてしまう。一方のハウエルは13番パー5でなんとイーグル!勢いを持続させたまま2日目を(65)通算12アンダーで首位フューリックに並んだ。

ディフェンディング・チャンピオンのボブ・エステスはアンラッキーな出来事。TPCアットサマーリンの12番で打ったアプローチショットがピンに当たるほどの完璧なショットだったのにも関わらず、ピンに跳ね返されたボールは無残にもグリーンサイドの池に。まさかの事態に本人も唖然。しかし場所がラスベガスなだけに、きっとこんなショットか起きるかどうかの賭けもきっと存在するのだろう。

◇2日目の結果
首位タイ(-12):ジム・フューリック(65)、チャールズ・ハウエルIII(65)
3位タイ(-11):ジェフ・スルーマン(66)、クリス・ディマルコ(67)、スティーブ・ジョーンズ(70)、フランク・リックライター(65)、ミシェル・クラーク(67)他

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 インベンシスクラシック at ラスベガス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!