ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/10〜01/13 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

R.ヘンリーとS.ラングレーの一騎打ちか!?谷原は38位タイ

◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 3日目◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7,068ヤード(パー70)

スコアの伸ばし合いが続く展開に、7バーディ、2ボギーと5ストローク伸ばしたスコット・ラングレーが通算17アンダーで首位タイに再浮上。今季からツアーに参戦する新人は大会初日に8アンダーをマークして首位に立ち、2日目こそ2位に後退したが、3日目も堂々のプレーで初優勝を目前にしている。

<< 下に続く >>

そして23歳のラングレーを最終18番でとらえたのは、同じく23歳でツアー1年目のラッセル・ヘンリーだった。通算14アンダー単独首位でスタートしたヘンリーは、3バーディ、ノーボギーの「67」と静かなゴルフだが、着実にスコアを伸ばして首位をキープ。2位以下に3打差をつけた2人の一騎打ちとなるか、互いにレギュラーツアー初優勝をかけた最終日を迎える。

通算14アンダー単独3位は南アフリカのティム・クラーク。地元で開催されている欧州ツアーには出場せずハワイの地で戦うクラークは、一昨年2位に終わった雪辱を期す。さらに1打差の通算13アンダー4位タイはスコット・ガーディナー(オーストラリア)とチャールズ・ハウエルIIIの2人。ビッグスコアも飛び出す展開だけに逆転のチャンスは大きい。

今大会日本から4名が出場し、唯一決勝ラウンドに進出した谷原秀人は、スコアを1つ伸ばし通算6アンダーとしたが、順位は22位タイから38位タイに後退。12番ではティショットをフェアウェイに運びながらも、2打目でグリーンをオーバーするトラブル。1パットにおさえたがダブルボギーをたたくなど勢いに乗ることが出来なかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!