ニュース

米国男子ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック
期間:10/17〜10/20 場所:ウォルトディズニーワールドリゾート(フロリダ州)

C.ディマルコが2日に渡っての6連続バーディで首位。田中は3位

米国男子ツアー「ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック」の2日目。今大会はマグノリアコースとパームコースを使用して予選ラウンドが行われているため、各選手は初日とは異なるコースをラウンドした。

両コースで最もスコアを伸ばしたのはクリス・ディマルコだった。初日メイン会場となるマグノリアコースで8アンダーをマークしたディマルコは、パームコースでもバーディを積み重ね、17アンダーまで伸ばした。初日上がりの3連続バーディから数えると、この日スタートからの連続バーディで、6連続となる。1イーグルを含む7バーディで2位に2打差をつけている。

<< 下に続く >>

15アンダーで単独2位に浮上したのは、ベテランのスコット・ホーク。ディマルコとは異なり、マグノリアコースをラウンドし、2日間ノーボギー。終盤3連続バーディでホールアウトし、決勝ラウンドでも伸ばしてきそうだ。

そして、初日9アンダーで首位に立った田中秀道も順調にスコアを伸ばしている。5バーディ、ノーボギーと周りから比べると伸び悩んだように見えるが、このコースを練習していない田中にとっては上出来だった。

明日からの決勝ラウンドは、初日に9アンダーを叩き出したマグノリアに戻る。残る2日、伸ばし続ければ・・・初優勝のチャンスだ。

そして、注目のタイガー・ウッズだが、この日は3アンダー止まり。通算9アンダーで順位は23位に後退してしまった。首位のディマルコとは8打差になってしまったが、巻き返すことはできるのだろうか。

また、来シーズンのシード権を確実なモノにするのは、予選を通過しておきたかった横尾要。同じ組でラウンドした田中に刺激を受けたのか、順調にスコアを伸ばした。5バーディ、ノーボギーで通算5アンダーとなった。しかし、初日の伸び悩みが響き、僅かに1打足りず予選落ち。この日のウェア同様、シード獲得に黄色信号が点灯した。

photo by BEYONDSHIP

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!