ニュース

米国男子アドヴィル・ウェスタンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ベテランのJ.クックが久々に上位に顔を出した

米国男子ツアー「アドヴィル・ウェスタンオープン」2日目。初日、プレーを終了できなかった50名が早朝から残りホールをラウンド。この日は全員がプレーを終えることが出来た。

初日を67で回り3位タイにつけていたベテランのジョン・クックが、6バーディ、ノーボギーで66をマークし、トータル11アンダーで単独首位に立った。2日間でボギーは1つだけという安定ぶりだ。クックは全米オープンで予選落ちを喫した後、2週間ほど休みを取り、家族旅行でリフレッシュした。その間、プレーは全くせず、水曜日のプロアマから、本格的にプレーを再開したばかりだ。

<< 下に続く >>

「この試合は、精神的に強い選手なら、誰でも優勝のチャンスがあると言える。今週は、休暇後久しぶりの試合だから何も考えずにプレーしている。それが良い結果につながっているのかもしれない。思い通りのゲーム運びが出来ているし、残り2日間で自分の調子がどれほどのものか試したい。楽しみだ」

スチュアート・アップルビーとビジェイ・シンは、ともに、この日のベストスコアとなる65で回り、9アンダーで2位タイに浮上してきた。ノーボギーで回ったシンは、それでも不満だと言う。

「ドライバーの調子は、まあまあ。最高ではない。アイアンもパットの調子も、悪くはない、という程度。しかし何故か、スコアだけまとまった。不思議だ」

6連続バーディを記録したアップルビーは、「2連続、3連続バーディなら誰でもできるが、いくらプロツアーでも6連続バーディなんて滅多にない。今日は楽しめた」

日本の横尾要は、この日も不調でトータル4オーバー、130位タイで予選落ちした。

1アンダー、67位タイまでの86名が決勝ラウンドに進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 アドヴィル・ウェスタンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!