ニュース

米国男子グレーターミルウォーキーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 グレーターミルウォーキーオープン
期間:07/10〜07/13 ブラウンディアパークGC(ウィスコンシン州)

丸山伸びず!K.ペリーがシーズン3勝目をゲット!!

2003年米国男子ツアー第27戦『グレーターミルウォーキーオープン』が、ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるブラウンディアパークGCで開催された。2001年この大会でツアー初優勝を果たした丸山茂樹が、初日4アンダー3位の好スタートを切り、3日目を終えて首位に2打差で逆転優勝を狙った。

しかし最終日の丸山は、スタートの1番でボギーを叩き、5、6番で連続バーディを奪ったが、続く7番で再びボギー。その後は全てパープレーでスコアを伸ばせず優勝争いに絡むことは出来なかった。6アンダーのままホールアウトし、8位から12位に順位を下げてしまった。

優勝争いは3日目に8アンダーで単独首位に立ったケニー・ペリーを中心に、各選手スコアを伸ばす白熱した展開になった。7アンダー2位からスタートしたステファン・アランとヒース・スローカムが11アンダーでフィニッシュし、最終組でラウンドするペリーを待った。

2人がフィニッシュした時点でペリーも11アンダーだったが、最終18番パー5でペリーが落ち着いてバーディを奪い2人を振り切った。今シーズンのペリーは、5月に女子ツアーのアニカ・ソレンスタムが出場した「バンク of アメリカコロニアル」で優勝。そして翌週の「メモリアルトーアメント」ではタイガー・ウッズなどを抑えて連勝。今週で早くもシーズン3勝目を果たしている。

次週はイングランドで「全英オープン」が開催されるが、絶好調のペリーは、優勝候補にあげておかなければならない。優勝争いには絡めなかった丸山も、昨年の全英で単独5位に入っているだけに、注目の存在だ。

丸山以外の日本勢は、田中秀道が1ストローク崩して55位。久保谷健一は3ストローク落としてしまった。また、今週は清田太一郎宮里優作も出場したが予選落ちになってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 グレーターミルウォーキーオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。