ニュース

米国男子バンク of アメリカコロニアルの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 バンク of アメリカコロニアル
期間:05/22〜05/25 場所:コロニアルCC(テキサス州)

K.ペリーがコースレコードで17アンダーまで飛び抜けた!

テキサス州のコロニアルカントリークラブで開催されている、米国男子ツアー『バンク of アメリカコロニアル』は、決勝ラウンドに入った。

予選ラウンド2日間は、アニカ・ソレンスタムを追いかける報道陣、そして多くのギャラリーがあふれていたが、決勝ラウンドに入ってもギャラリーはコース内を所狭しと観戦していた。アニカがいなくなった後、大ギャラリー群も消えてしまうかとの心配は無用だった。

<< 下に続く >>

この日の主役は、8アンダー首位タイからスタートしたケニー・ペリー。スタートの1番ホールから3連続バーディを奪い、7番からも再び3連続バーディ。前半を29というスコアで折り返すと、後半も3つのバーディを奪い61のコースレコードタイ記録でホールアウトした。この日だけで9つ伸ばし通算17アンダー、2位に8打差をつける快進撃を見せた。

大差をつけられているが単独2位には9アンダーのローリー・サバティーニ、3位には8アンダーのジム・フューリックが続いている。ムービングデーといわれるこの日、大きくスコアを伸ばす選手が多かった。

ペリーの9アンダーは別次元だが、3人が5ストローク伸ばしている。2アンダー29位からスタートしたベテランのハル・サットンが7アンダー4位タイに浮上。先週のEDSバイロンネルソン選手権でも6位に入りスランプを脱出したサットンが、今週も上位に入ってきた。

そして、ディフェンディングチャンピオンのニック・プライスアレックス・チェイカと並び55位から11まで急浮上している。プライスは先週ビジェイ・シンにかわされ2位に終わったが、アイアンショットのキレは健在で、6番パー4では2打目を直接カップインしてイーグルを奪った。最終日もスコアを伸ばしてきそうだ。

今週日本からは丸山茂樹が唯一出場している。2アンダー29位で予選を通過した丸山は、3日目にはスコアを伸ばせず、32位に後退してしまった。痛めていた首の状態も序々に回復し、これからという状態になってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 バンク of アメリカコロニアル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!