ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

今週も優勝争い 3打差2位タイに上平栄道

秋口に入って好調をキープしている選手といえば、まず挙がる名前は「フジサンケイクラシック」から3戦連続で2位フィニッシュとなった池田勇太。「VanaH杯KBCオーガスタ」で待望の日本ツアー初勝利をマークしてから優勝争いを続けているキム・ヒョンソン(韓国)。そして34歳の上平栄道も、直近4試合で3度、トップ5フィニッシュを決めている上り調子のプレーヤーの一人だ。

その上平が、今週の「キヤノンオープン」でも好位置で決勝ラウンドに進んだ。池田がスタートから飛ばして通算10アンダーの単独首位に立つ中、初日「69」、2日目は7バーディ、3ボギーの「68」をマーク。丸山茂樹ら3選手と並んでトップに3打差、通算7アンダーの2位タイグループにつけている。

<< 下に続く >>

ツアー初優勝への期待がかかるが、本人はいたって冷静。昨年までのプレーを「何も変えていない」と言う。プロ転向した2001年から昨年までの生涯獲得賞金は5100万円強。しかし今シーズンは早くもそれに迫る約4600万円を稼いでいる。しかしながら「力は付いていると思うけれど、なぜか上手くいっている。勘違いしはじめているのかな・・・」と、明確な“きっかけ”は見つけられていない。

それでも「徐々に、セーフティなところから、攻めの気持ちが出てきた」と精神面での自信は少しずつ増している。「今日までの反省をして、凡ミスをなくしていけば結果は出てくると思う」と、静かにチャンスを待つつもりだ。(神奈川県横浜市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!