ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/06〜02/09 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

2年ぶりのツアー優勝を狙うD.ラブIIIが、10アンダー単独首位!

米国男子ツアー第5戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」3日目。プロアマ戦の最終日を迎え、同時にプロにとっては予選最終ラウンドとなった。2年ぶりのツアー優勝をペブルビーチで狙うデービス・ラブIIIが、5ストローク伸ばし通算10アンダーで単独首位に立った。

初日にポピーヒルズをイーブンパーでラウンドしたラブは、2日目に得意のペブルビーチで5アンダーをマークした。そして、3日目はスパイグラスヒルをラウンドし再び5アンダー。最終日は2年前62のコースレコードタイ記録でラウンドしたペブルビーチをラウンドする。完全復活を果たすことができるか注目だ。

<< 下に続く >>

2打差の2位には、初日首位に立っていたカナダのマイク・ウィア。2日目にスコアを2つ落としたウィアだが、明日最終日にラウンドするペブルビーチでスコアを伸ばした。2番パー5でイーグルを奪うと、6番パー5でもイーグルを奪いリーダーボードの一番上に名前を掲げた。しかし、後半は2つのボギーで2位に後退。2週連続優勝に向け最終日の巻き返しが期待される。

また、同じく8アンダー2位にはベテランのトム・レーマンR.パンプリングもつけている。ペブルビーチは、決してやさしいコースではないが、風を読みきりアグレッシブに攻めることができれば爆発的なスコアも夢ではない。前半で勢いに乗った選手が抜け出してきそうだ。

3日間に及ぶ予選ラウンドの結果、2オーバーまでの65名が決勝ラウンドに進出する。日本勢は、貞方章男がこの日だけで10オーバーとスコアを崩し、通算14オーバー。久保谷健一も6つ落として18オーバー。さらに、前日3ストローク伸ばした横尾要は、ダブルボギーが4つも飛び出し12オーバーの84を叩いてしまった。残念ながら3人とも予選落ち、来週以降に期待しよう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!