ニュース

米国男子ボブホープ・クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ボブホープ・クライスラークラシック
期間:01/29〜02/02 場所:PGA ウェスト(パーマープライベート他)(カリフォルニア州)

T.へロンが29アンダーまで伸ばし一歩抜け出した!

米国男子ツアー第4戦「ボブホープ・クライスラークラシック」4日目.。前日自己ベストの61をマークして首位に浮上していたティム・へロンが、この日も7ストローク伸ばす大暴れをした。2位に4打差をつけ、1999年ベイヒルインビテーショナル以来のツアー4勝目が目前に迫った。

現在へロンのスコアは36アンダー。2001年にジョー・デュラントがこの大会でマークした通算36アンダーが、5日間競技でのツアー記録となっている。残り1日、明日は決勝ラウンドでアマチュアが出場しないため、これまでよりも少しピンの位置が難しくなるが、新記録は生まれるか期待が高まる。

<< 下に続く >>

2位には、2日目に首位に立っていたジェイ・ハースと、ジワジワ順位を上げてきたカナダのマイク・ウィアが並んでいる。明日最終日はメイン会場となるPGAウエストでラウンドをするのだが、首位のへロンと同様ハースも予選ラウンドでは「61」をマークしている。その時は予選という状況とアマチュア3名とのリラックスしたムードだったが、明日の決勝ラウンドでも好スコアを出すことができるだろうか。

さらに1打差の24アンダーには、デビッド・ゴセットとC.ディマルコ。ディマルコは安定したゴルフを続け、2週前のソニーオープンでも3位に入っている。常に優勝を狙える選手だ。そして、注目したいのが若手のゴセット。アーロン・バデリー、チャールズ・ハウエルなどと並び、次世代の活躍を期待される逸材だ。2001年ジョンディアクラシックで突然優勝し、その後は優勝から遠ざかっているが、鍛えられた肉体は年々逞しさを増してきた。勢いのある選手だけに、最終日のチャージも期待できる。

日本の田中秀道は、この日スコアを3つ伸ばして8アンダー、貞方章男もスコアを1つ伸ばし7アンダーでフィニッシュ。しかし、今週は他の選手がバーディ合戦を繰り広げ通算13アンダーまでが予選のカットラインになってしまった。したがって、日本の両名は残念ながら、ここで姿を消すことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ボブホープ・クライスラークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!