ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

A.バデリーが15アンダーで飛び出し、E.エルスが2打差の2位

オアフ島にあるワイアレエカントリークラブで開催されている「ソニーオープンinハワイ」の3日目。時折ハワイ特有の強風が吹き、スコアの開きが出てきた。10アンダー首位タイからスタートしたアーロン・バデリーが5ストローク伸ばして単独首位に立った。9番パー5でイーグルを奪ったバデリーは、前半だけで5ストローク伸ばした。後半は風も強くなり無理な攻めはしなかったが、16番ではグリーン左サイドの傾斜がきついラフに入れてしまった。しかし、絶妙なアプローチでパーをセーブした。

2位には、9アンダー2位グループからスタートした南アフリカのアーニー・エルス。前半1バーディ、1ボギーでスコアを伸ばせなかったエルスだが、後半に4ストローク伸ばし実力を発揮した。2週連続優勝も狙える好位置につけている。

6位からスタートした丸山茂樹は、アーニー・エルスと同じ組でのラウンド。昨年の全英オープン3日目以来のペアリングとなった。前半は2バーディ、ノーボギーと快調なスタートを切ったが、終盤15、16番で連続ボギーを叩いてしまった。

しかし、最終18番での丸山は、1983年にこのワイアラエCCで行われたハワイアンオープンに、日本人として初めて優勝した青木功がギャラリースタンドから観戦する前で、バーディを奪った。スコアは1つしか伸ばせず9アンダーだが、3日間6位をキープしている。

その他の日本勢では、PGAツアー初挑戦の今野康晴が3アンダー36位で踏ん張り、田中秀道もスタートと同じ1アンダー52位。注目の宮里優作はスコアを3つ落として2オーバー69位、貞方章夫は8ボギーを叩き77位の最下位になってしまった。

関連リンク

2003年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~