ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープンinハワイ初日

米国男子ツアーの開幕第2戦「ソニーオープン イン ハワイ」が、オアフ島のワイアラエCCで開幕した。初日の早い時間は穏やかな天候だったが、午後になってハワイ特有の風が少し強くなった。

首位に立ったのは4バーディ、1イーグルを奪った南アフリカのレティーフ・グーセン。そして午後スタートの中でスコアを伸ばしてきたケニー・ペリーの2人。1打差には、やはり午後スタートのクリス・ライリーとクリス・ディマルコ、ブレンダン・パパスの3人がつけている。

さらに1打差の4アンダー6位には9人が並ぶ混戦状態だ。その中には、丸山茂樹と先週の開幕戦「メルセデス選手権」で優勝したE.エルスが入っている。来週からはしばらく米ツアーを離れる予定のエルスだが、好調のうちに2週連続優勝を飾れるか注目が集まる。

そして、今週は日本から総勢10名の選手が出場している。注目は今シーズンから米ツアーに参戦する久保谷健一貞方章男。さらに、この試合がプロデビュー戦となる宮里優作清田太一郎だ。丸山に次いで好スコアをマークしたのは、昨シーズン国内ツアーで2勝している今野康晴の3アンダー15位。そして、宮里と貞方が2アンダー26位につけた。

スタートの1番でボギーを叩いた宮里は、続く2番ですかさずイーブンに戻した。7番パー3でダブルボギーを叩いたが、9、10番の連続バーディで再びイーブンに戻し、12番で初めてアンダーパーグループに食い込むと、最終18番パー5でバーディ。明日につながる良い形でフィニッシュした。

桑原克典と同じ組でラウンドした貞方は、8番ホールまで全てパーでしのぎ、9番でバーディが先行した。その後ボギーを2つ叩きながらも合計4つのバーディを奪、いまずまずのスタートを切った。

その他の日本勢は、近藤智弘、久保谷健一が1アンダー49位。田中秀道横尾要清田太一郎が1オーバー85位。桑原克典は3オーバー114位となっている。明日2日目の天候によるが、予選を通過するにはアンダーパーまで伸ばす必要がありそうだ。一人でも多くの日本選手に決勝ラウンドに進んでもらいたい。

関連リンク

2003年 ソニーオープンinハワイ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~