ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

J.フューリックが単独首位! 石川は41位タイ発進

◇世界ゴルフ選手権◇WGCブリヂストンインビテーショナル 初日◇ファイヤーストーンCC (オハイオ州)◇7,400ヤード(パー70)

ジム・フューリックが1イーグル、7バーディ、2ボギーの「63」をマーク。2位に2打差をつける7アンダー単独首位に立ち、頭1つ抜け出して初日のトーナメントリーダーに立った。

5アンダーの単独2位は、4連続を含む6バーディ、1ボギーの「65」で回ったリー・スラッテリー(イングランド)。4アンダーの3位タイには、バッバ・ワトソンベン・クレイン、ラファエル・カブレラベロー(スペイン)、サイモン・ダイソンルーク・ドナルド(ともにイングランド)、ジョン・センデン(オーストラリア)の6人が集団を形成している。

タイガー・ウッズロリー・マキロイ(北アイルランド)はイーブンパーの31位タイ。石川遼は、前年大会覇者のアダム・スコット(オーストラリア)らと並び1オーバーの41位タイ。谷口徹は2オーバーの51位タイ、武藤俊憲藤本佳則は3オーバーの60位タイで初日を終えている。

J.フューリック、前週の予選落ちから首位発進>
パー70設定ではPGAツアーで最長の7400ヤードのモンスターコース。初日、一流選手たちの中では飛距離で劣るフューリックが、見事にそれを制圧した。前半インで4つスコアを伸ばして折り返すと、後半2番(パー5)では2オンに成功し、8メートルを沈めてイーグルを奪取。「63」ストロークは自身のベストスコアに1打、コースレコードには2打及ばなかったが、午後スタートで猛然とリーダーズボードを駆け上がった。

5月に42歳となった今季は勝利こそ無いものの、上々の戦いぶりを見せてきた。春先の「トランジションズ選手権」で、プレーオフで敗れて2位。最終日に逆転負けした「全米オープン」を含め2試合で4位に入った。だがここ4試合は「ずっとボールを打つ感触、ショートゲーム、パットのボールの回転もずっといい感触だった」と話しながらも、2度の予選落ちと、2度の34位タイと好成績を残せていなかった。「スコアよりも調子はずっと良い感じだったんだけど」。

しかし前週の「RBCカナディアンオープン」で予選落ちを喫した直後、フロリダの自宅に帰り、突然できた“休暇”に家族とともに時間を過ごしてリラックス。「何が悪いのか、頭の中を整理する必要があったんだと思う」と気持ちを切り替え、そしてこの初日にいきなり好結果につなげて見せた。

同大会は2001年に2位、その他にもトップ10入りが6度と相性は悪くない。WGCのビッグタイトルをかけた舞台で、2シーズンぶりとなる待望の1勝を狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。