ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 プエルトリコオープン
期間:03/08〜03/11 トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)

石川遼、首位に3打差で最終日へ! 米ツアー初勝利なるか

◇米国男子◇プエルトリコオープン3日目◇トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)◇7,569ヤード(パー72)

石川遼が、米国ツアー初タイトルを射程圏に捕らえた。首位に4打差の3位タイからスタートした石川は、アウト前半の2番(パー5)、3番と連続バーディを奪うと、5番(パー5)でも伸ばし、序盤5ホールで早々に2桁アンダーに乗せる。7番から連続ボギーを叩くも、後半に入って再加速。3つのバーディを重ね、最終18番(パー5)こそボギーとしたが、6バーディ、3ボギーの「69」でホールアウト。順位は5位タイに後退したが、首位に3打差に詰め寄り最終日のスタートを迎える。

通算13アンダーの単独首位にジョージ・マクニール。通算12アンダーの2位タイに、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)とケビン・スタドラー。通算11アンダーの単独4位にマット・ジョーンズ(オーストラリア)が続いている。

<大混戦の最終日、石川遼は「冷静に」>
トップを追いかけるべく前半からチャージをかけた石川は中盤、悪い方向に傾きかけた流れを自ら引き戻した。通算8アンダーで迎えた13番では手前から4メートルを沈めてバーディ。さらに15番(パー5)ではラフからの第3打で、グリーンを大きくショートしながらも、ウェッジでチップインバーディを決めるなど、決勝ラウンドに入って激増したギャラリーを大いに沸かせた。

しかしホールアウト直後は、この日の3ボギーを反省。「追いかける立場としては、ボギーは禁物。上の順位でやっていると特に痛い。パーで防げるボギーだった。まだまだ戦えていないと思った」とムービングデーにおけるプレーの悔しさをあらわにした。それでも上位に踏みとどまり、トップとの差をひとつ縮めて最終ラウンドを迎える。11日(日)、20歳5か月25日での優勝となれば、ツアー史上8番目の年少記録。1929年以降では最年少となる。

首位と3打差以内に7人、5打差以内には15人がひしめく大混戦。「明日は6アンダー、7アンダーが優勝するためには必要だと思う。最初の1、2ホールでそれができるわけではないので、18ホールかけて地道にスコアを作っていくことが大事。あせらずに、冷静さを持ってバランスよくプレーしたい」。待望の初優勝へ向け、戦況を見極めながらアクセルを踏む。

関連リンク

2012年 プエルトリコオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~