ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション
期間:01/19〜01/22 PGAウェスト(パーマーコース)(カリフォルニア州)

M.ウィルソンが逃げ切り勝利!ベ・サンムンが14位

◇米国男子◇ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション最終日◇PGAウェスト・パーマーコース(6950ヤード、パー72)、ラ・キンタ・カントリークラブ(7060ヤード、パー72)、ニクラス・プライベート at PGAウェスト(6924ヤード、パー72)=米カリフォルニア州

強風のためサスペンデッドとなり、全出場者がホールアウトできなかった3日目。翌最終日は未消化ホールと決勝ラウンド(18ホール)が合わせて行われた。残りホールが多い選手たちにとっては決勝ラウンドへ向けて大逆転の可能性を残していた最終日だったが、第3ラウンドを終えて首位に立ったマーク・ウィルソンが、通算24アンダーとし逃げ切り優勝を飾った。

最終ラウンドのウィルソンは前半にボギーが先行するも、後半に4つのバーディを奪って逃げ切った。4日間を通してバーディ合戦となった今大会、その最終日、ウィルソンにプレッシャーをかけ続けたのは、「65」をマークしたジョンソン・ワグナー。7バーディ、ノーボギーのラウンドで一時は首位タイに並ぶ猛追を見せ、通算22アンダーの2位タイでフィニッシュしている。

同じく2位タイには、最終日に6ストローク伸ばす攻勢を見せたジョン・マリンガーと、ロバート・ガリガスの2選手。続く通算21アンダーの単独5位には、ジェフ・マガートが続いた。また昨季1勝を挙げ、初日と2日目に首位に立っていたデビッド・トムズは通算20アンダーの6位タイ。同順位にはジョン・センデン(オーストラリア)が並んだ。

唯一の日本人選手、今田竜二は第3ラウンドを3オーバーの「75」でラウンドし、決勝ラウンドへの進出はならなかった。また昨年、日本ツアー賞金王に輝き、今季より米国ツアーに本格参戦しているベ・サンムン(韓国)は最終日に「66」をマークして、通算17アンダーの14位タイと健闘している。

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~