ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

米国選抜がリードして最終日へ!遼は初白星

◇米国男子◇ザ・プレジデンツカップ3日目◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇6,397ヤード(パー71)◇

世界選抜と米国選抜のプライドをかけた大会の3日目は、フォアサム形式でのダブルスマッチプレー5試合とフォアボール形式でのダブルスマッチプレー5試合が行われ、米国選抜が4ポイントのリードを奪って20日(日)の最終日を迎えることになった。

フォアサムでは、米国選抜第1組のウェブ・シンプソンバッバ・ワトソンが、ロバート・アレンビージェフ・オギルビーの豪州勢を3&2で撃破し先行。しかし続く第2組はアーニー・エルス(南アフリカ)と石川遼のコンビが、ビル・ハースマット・クーチャーを相手に序盤からリードを奪われる展開も、1ダウンで迎えた15番から2ホール連続でアップを奪って、結局1アップで勝利。エルス&石川ペアは3日目にして初白星をマークした。

しかし午前中に世界選抜がものにしたのは、この2人が挙げた1ポイントのみ。タイガー・ウッズダスティン・ジョンソンとコンビを組み、タイガーの前キャディであるスティーブ・ウィリアムスを従えるアダム・スコット(オーストラリア)とチェ・キョンジュ(韓国)のペアを3&2で破るなど、米国はフォアサム5戦で4勝1敗と大きく勝ち越した。

午後のフォアボールで挽回したい世界選抜は、第1組のレティーフ・グーセンとチャール・シュワルツェルの南アフリカ勢が11番までに4アップとして有利に試合を進め、結局2アップで勝利。すると続く米国のウッズ&ジョンソン組をY.E.ヤンキム・キョンテの韓国ペアが18ホールにわたる接戦を1アップで制した。さらに第3組はジェフ・オギルビー(オーストラリア)とチェ・キョンジュ(韓国)がスティーブ・ストリッカーマット・クーチャーを1アップで下した。

それでも米国選抜はハンター・メイハンビル・ハースの第4組、ジム・フューリックニック・ワトニーの最終組が続けて勝利し、2ポイントを加算した。

結局3日間の合計ポイント13対9で米国選抜リードのまま、最終日はシングルスのマッチプレー12試合が行われ雌雄を決する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。