ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 RBCカナディアンオープン
期間:07/21〜07/24 セントジョーズG&CC(カナダ)

C.キャンベル、M,トンプソンが首位タイ!R.ファウラーらが2打差に

カナダのセントジョーズG&CCで行われている米国男子ツアー第31戦「RBCカナディアンオープン」2日目。初日3アンダーで単独首位のカール・ブランクスが通算2アンダーの5位タイに後退する中、チャド・キャンベルマイケル・トンプソンの米国勢が通算4アンダーとしてトップタイに浮上した。

インからスタートしたキャンベルは315ヤードと短い14番パー4で最初のバーディを奪うと、16番では残り135ヤードの第2打をピンそば2メートルにつけて2つめのバーディ。2日間でのフェアウェイキープ率は80%を超える安定感が光り「67」をマークした。一方のトンプソンは前半の3番でボギーが先行するが、その後5バーディを奪取。中でも、15番からの上がり4ホールで3つ伸ばしてきた。

1打差の3位タイにはポール・ゴイドスリー・ジャンセン。そしてさらに1打差、通算2アンダーの5位タイにはマスターズ王者のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)、リッキー・ファウラーらがつけている。ファウラーは2日間連続で3バーディ、2ボギーの「69」。優勝争いに加わった前週の「全英オープン」の良い流れをキープし悲願の初勝利をものにしたい。

2アンダーの2位タイから出たアーニー・エルス(南アフリカ)は「74」で通算2オーバーの37位タイと大きく後退。世界ランク1位のルーク・ドナルド(イングランド)は通算3オーバーの52位タイと苦しんでいる。

なお、地元カナダ出身のマイク・ウィアはこの日、6ホールを消化した後に右ひじの痛みを訴えて途中棄権した。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。