ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 トランジションズ選手権
期間:03/17〜03/20 ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

G.ウッドランドが混戦を制してツアー初優勝!

米国男子ツアー第12戦「トランジションズ選手権」は20日(日)、フロリダ州ウェスティンイニスブルックリゾートで最終ラウンドを行い、首位が激しく入れ替わる展開の中、通算11アンダーの4位で出たゲーリー・ウッドランドが7バーディ、3ボギーの「67」をマークして通算15アンダーで優勝した。

1打差の2位にはウェブ・シンプソン。通算12アンダーの3位にはスコット・スターリングが入り、トップ3を米国勢が独占した。3日目を終えて単独首位に立っていたジャスティン・ローズ(イングランド)は通算10アンダーの5位タイに、2週連続優勝を狙ったニック・ワトニーは通算8アンダーの13位タイ位に終わった。

逆転優勝のウッドランドはマスターズの出場権獲得に興奮

最終日はローズをはじめ、スターリング、ブラント・スネデカーと首位が激しく入れ替わる展開。予選ラウンドで石川遼と同組でラウンドしたウッドランドは、最終日の前半に2バーディを奪って優勝戦線に加わり、14番までに通算16アンダーとしてトップに立った。15、16番を連続ボギーとしていったんは2位に後退したが、17番(パー3)で5メートルを沈めてバーディを奪い、同じくツアー初優勝を狙ったウェブ・シンプソンと並んで再び首位タイに。このまま通算15アンダーでホールアウトすると、シンプソンが18番でボギーをたたき、グリーンサイドで悲願の初優勝の瞬間を迎えた。

プレーオフで敗れた1月の「ボブホープクラシック」を含め、今季既に3度トップ10入りを果たしていたウッドランドは「ここまでいいショットはできていたし、ショートゲームも良かった。だから何も変えなかった」と惜敗を前向きにとらえながら試合に臨んだ。4日間の平均飛距離296.5ヤードは全体7位。アプローチ、パターも安定しプレッシャーのかかる最終日のバック9も「緊張なんかしなかった。アドレナリンをコントロールできた」。学生時代からバスケットボール、野球の才能にも秀でていた26歳は、4月の「マスターズ」の出場権も獲得し自信を深めた様子だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 トランジションズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。